石仏の心(いしぼとけのこころ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 石仏の心925:開高高原 藤尾洞の馬頭さん

<<   作成日時 : 2017/02/07 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


道をすすんで行くと、藤尾洞というバス亭がありました。そこの横にどうやら石屋さんらしいお宅があり、石の材料等がおいてありました。


画像


その道側に馬頭さんがいらっしゃいました。 新しいものなのでしょう。けれど、作られた方の優しさが現れているようで嬉しくなりました。 開高高原は馬と人、そして街道と旅人、それらを見守る、馬頭さんがいっぱいいらっしゃいます。


先週から体調がちょっとすぐれなかったのですが、週末にムリをしたために、日曜、月曜と発熱で寝込んでしまい、アップができませんでした。もうすぐ開高高原の紹介が終わります。それから名古屋へ移動します。 今週は別にお稲荷さんの祭りの話題も入れる予定です。

ベトナムからのNewsで知ったのですが、日本の正月用のしめ縄はベトナムのニンビン省の農家で作られているものもあるようです。毎年陰暦6月から7月(普通の7月中ー8月中旬)に、ベトナムの企業が青田刈りした稲を一月半ほど乾燥させてから材料にして農家へ供給して出来合いで賃金を支払っているようです。大きいしめ縄が2万4000ドン(約114円)、小さいしめ縄が5000ドン(24円)くらいとのことで、現地の農家には内職としてかなりな大きな収入源として助けになっているようですが、最終消費地にいる我々としては果たして、これはFairTradeなのか?悩むものではないでしょうか? 旧正月に関連のNewsでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石仏の心925:開高高原 藤尾洞の馬頭さん 石仏の心(いしぼとけのこころ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる