石仏の心(いしぼとけのこころ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 石仏の心938:祈りの日 東日本大震災から6年

<<   作成日時 : 2017/03/11 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


お地蔵さんは祈られています。被災者のお子さん達をとりまく環境でいじめ・差別がでていること、仮設住宅にすんでいる方々がまだいらっしゃること、福島原発の溶けた燃料が危険なままで取り出すこともできないでいること、避難地域が解除されて縮小されても皆が戻れるわけではないこと、子供さん達に甲状腺異常が発見されても報道されないこと、私達の中で、意識しないと、あの時の出来事が忘れ去られていくのではないかということを。。。
我々はまだまだ学ぶ必要があります、そのために祈られています。


私達はわすれない (日本赤十字のキャンペーン) いままでみた中で一番印象に残るメッセージでした。
ぜひご覧下さい。

http://www.wasurenai.jrc.or.jp/


原子力発電が安全でコントロールできるなどということをまだ言っている人達がいて、そういう方々は東芝がアメリカの子会社がもっているウエスティングハウスの原発建設に係わる、建設の遅れと費用の増額のため、会社が傾いた事とどう思っているのだろうと考えます。 安全を金でかえるというのは誤りで、そのためにいくらつぎ込めばいいのか?誰が未来の安全なエネルギーと言って、教育してきたのか? そういう方々は除染のゴミの山をみて、何を語るというのか? 子供さん達の未来のために、せめて日本からでも安全な生活する場所を作りたいものです。
(世界は残念ながら60年代に戻った感もあります、近くの国にも、遠くの国にも、軍事力で、話しができると考える愚かな人が多いのです。平和を!祈っております)


このお地蔵さんは 名古屋、大須の清浄寺にいらっしゃいます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石仏の心938:祈りの日 東日本大震災から6年 石仏の心(いしぼとけのこころ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる