石仏の心(いしぼとけのこころ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 石仏の心978:地蔵とあじさい2、柿生、常慶寺

<<   作成日時 : 2017/07/04 08:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


梅雨の間でも、梅雨前線の位置で夏日になったり、豪雨になったり、大変です。また台風3号まで九州から本州を横切るようで、今晩からは関東も影響を受けるようです。まるで世界情勢みたいな天気です。

このお地蔵さんは、また紅葉の季節におめにかかる事があるかもしれません。花が、自然がある場所にある石仏は
時としてその背景を受けて美しく輝きます。でもそれを撮るのは至難の業です。まだまだ 石仏の心 を撮るのは試行をくりかえし、勉強するしかありません。ましてDigital一年目、アナログとの折衷で、どうやったらよいかまだまだ考えてみます。

常慶寺の梅雨の季節の画ともこれでお別れで、次ぎは谷中の紹介に入りましょう。


画像


熱帯夜もちかづき、湿気も上がると、お年寄りだけでなく、普通の人でも熱中症になりやすくなります。扇風機、クーラー等を利用してそうならないようにして下さい。

先週の記事ですが、
東海村 東海核燃料再処理施設 の廃止には70年 一兆円(以上?)かかる ようです。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG30H0V_Q7A630C1MM0000/

政治の騒ぎに隠れて、これはこれで報道され、他の関連記事とは別けられていますが、

六ヶ所村の核燃料のごみ一時保管所から最終処分所をどこにするかは どこも手を上げずに、
国は説明会を開催、夏にはどこに埋めるか提案するとのことですが、安全は本当に考えているのか?
先の話で、提案した人はこの世にいないような発想で対応していないか、みていかなければなりません。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H3X_U7A510C1000000/

さて青森県の六ヶ所村の再処理工場の説明はまだ以下のとおりですが、これは本当にこうなのでしょうか?
http://www.pref.aomori.lg.jp/sangyo/energy/0001rokasyo.html

上記の記事だけでも 金はかかる 安全はない、こんな状態で、続けていくという電力会社と国の方針がわかりません。 将来の子供達のためにも考えるときです。 こんな状況を作り出したのは誰なんでしょう?まったく嫌な世の中になりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石仏の心978:地蔵とあじさい2、柿生、常慶寺 石仏の心(いしぼとけのこころ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる