テーマ:秩父金昌寺の石仏

石仏の心1305:秩父の石仏 札所4番 金昌寺33

秩父三十四か所を巡る中でも、これだけ大きなお地蔵さんと出会うことはまれです。二十二番の入り口の案内のお地蔵さんが大きいですが、このようにお堂には入っていません。 本堂の左側にいらっしゃいますので、おまいりする際にはかならずお会いになるお地蔵さんです。でも大きいので、逆に上を見上げることをしないと表情まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1304:秩父の石仏 札所4番 金昌寺32

この石仏さんは、本堂の左側 亀の子地蔵堂の裏側の斜面にいらっしゃいます。通路から離れているので、望遠がないと全体像しか撮れません。 5月の頃にはいろんなお花が近くに咲いていて、この石仏さんが左側を見て微笑んでいる姿と会う事ができます。 お地蔵さんは、前から見ていただいている本堂の左側に並んでいらっしゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1303:秩父の石仏 札所4番 金昌寺31

こちらの観音さんは、奥の院の洞窟の所にいらっしゃいます。あの場所は、奥で木漏れ日が入ってくるため、時間によって、このようにコントラストが強い画となります。このため観音さんの感じも時間とともに変わります。 ここの二体は本堂の左側にいらっしゃいます。お地蔵さんは明るい表情をされています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1301:秩父の石仏 札所4番 金昌寺29

如意輪観音の立ち姿は、珍しいようです。金昌寺には他にもいらっしゃいますが。私は石仏を撮りはじめがここからでしたから、これが普通だと思っていました。 しかし、興味ある事例でもあり、やはりおもしろいものです。 今回の三体の石仏さんは、みな本堂の正面、少し右側にいらっしゃいます。 これら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1300:秩父の石仏 札所4番 金昌寺28

こちらには、このように体をまげた羅漢さんがいらっしゃいます。右と左にねじって、二体あったのではとも思うのですが。。 この微笑みの羅漢さんは、境内に多くの兄弟がいらっしゃいます。これまでの写真をみてもそう思われませんか? 山門あがってすぐ左にある観音堂(入り口は酒飲み地蔵です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1299:秩父の石仏 札所4番 金昌寺27

本堂の裏山の六角堂の前を通り、奥の院へ向かうと、ちょうど日の光が差し込んで、いままでお会いしたことがない観音さまにお会いできました。 奥の院は岩屋の上にも多くの石仏さんがいらっしゃいますが、望遠レンズがないと撮りにくい、また暗かったりして大変な所です。 奥の院の岩屋から左をみると、ごつごつした岩の斜面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1298:秩父の石仏 札所4番 金昌寺26

本堂の手前の坂の左側斜面にいらっしゃる観音さまですが、頭の苔が美しく飾りとなっています。 金昌寺の石仏さん達の中でも苔がきれいに飾りとなっているものは多くありません。 こちらの如意輪観音さんは 山門からあがって本堂へ右へ曲がる所を左側にみるといらっしゃいます。この大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1297:秩父の石仏 札所4番 金昌寺25

金昌寺へ初めておまいりへ伺ってから50年弱もたってしまいましたが、やはり、その時間が石仏さん達に及ぼす影響というのは大きいようです。 夏の暑さ、冬の寒さそして雪、四季を経るごとに、石の表面が劣化したりします。 この石仏さんは本堂の前にいらっしゃいます。 本堂の手前の坂の左側の斜面にいらっしゃるこの二体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1296:秩父の石仏 札所4番 金昌寺24

山門から上がって正面の斜面にいらっしゃいます。どうしても永年、雨風にうたれていらっしゃると、歳をとるというか、石の表面にヒビが入り、そこから水が入って劣化をもたらします。人と変わりません、歳をとられるのです。 上の石仏さんの近くにいらっしゃいます。こういう創造性のある石仏さん達がある金昌寺は貴重だと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1295:秩父の石仏 札所4番 金昌寺23

このお地蔵さんは、最初にお会いした時は手ぬぐいをあたまに巻いていらして、木の脇に隠れるように立っていらっしゃいました。第一回の写真展(大変昔ですが)では全紙のサイズので見ていただきました。お顔を忘れることはありません。大好きな表情です。 前回の石仏の心で本堂左の羅漢さんをみていただきました。ちょっと時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1294:秩父の石仏 札所4番 金昌寺22

お昼の前に差し込んだ光が、羅漢さんの表情を変えることがあります。それを見るために、何度も、いろんな時間帯に訪問してお会いすることが大事なのです。 雲の具合もあります。この時は一瞬の仏と光のマジックをみました。羅漢さんは本堂の左側にいらっしゃいます。雨が降ると、お堂の屋根からの雨だれを受けて修業されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1293:秩父の石仏 札所4番 金昌寺21

山門から上がってきて正面の斜面には多くの石仏さん達がいらっしゃいます。参道から近い場所のものはなんとか撮影できますが、石仏さん達が並んでしまって後ろに隠れてしまったり、上の方だったりして、画にできないものも多いのです。 この観音さまも正面の斜面にいらっしゃいますが、前の方に位置されています。 このお地蔵さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1292:秩父の石仏 札所4番 金昌寺20

このお地蔵さんは山門から上がって本堂は右、奥の院へは左へ別れる所のちょっと左へ行けばすぐ見つかります。石仏の心1288の子守り地蔵さんは右でしたが、こちらの方が台座も含め大きいので目立ちます。 多くの子供さん達がすがっています。助け合って引きあげているようです。 本来なら五月晴れの空の下、子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1291:秩父の石仏 札所4番 金昌寺18 石仏さん達

江戸の時代から長い時を経て、いまでも金昌寺の石仏さん達はそのいらっしゃる場所で祈られています。 こちらは本堂の左側にいらっしゃいます。 時の流れは、石仏さん達がいらっしゃる足元の土台を流したり、動かしたりして、何回も移されたり、足元を補強されたりしたのでしょう。 以下の二体の石仏さん達は本堂を裏山へ少しのぼった六角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1290:秩父の石仏 札所4番 金昌寺17 石仏さん達

金昌寺の石の観音さま、お地蔵さんは、石屋さんのレベルが創造的で、高かったのでしょう。本堂の前面にいらっしゃる石仏さん達とお会いしただけでもそう感じます。 そしてそのまわりにある苔、お花が色を添えて、おまいりする人達の目を楽しませます。 里山の丘陵にある金昌寺、すぐ裏は山ですし、木々に囲まれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1289:秩父の石仏 札所4番 金昌寺16

遊戯観音(ゆげかんのん)さんは 本堂の前の坂を上った角(亀の子地蔵堂の前あたり)の木に寄り添って座っていらっしゃいます。 最初にお会いした時から、その美しさに惹かれました。 お顔の左側が修理されていますが、この横顔はいつ見ても美しいと思います。その振る舞い、衣装もすばらしい。 この遊戯観音さまは三十三観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1288:秩父の石仏 札所4番 金昌寺15 石仏さん達

この子守り地蔵さんは観音堂から坂を上がり、本堂へ向かって右へ曲がる正面にいらっしゃいます。優しいお顔で、子供さん達を世の苦しみから救っていらっしゃいます。 この写真からはわかりませんが、ちゃんと納められた方の名が書かれているようです。この手の表情、他ではみられないものでしょう。 長い時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1286:秩父の石仏 札所4番 金昌寺13 石仏さん達

先週末は桜の花びらの舞が、人がすくない公園で、そして桜並木のまわりで楽しめました。自転車で買い物へ行ったりする時に見ることができたのが貴重でした。ぼんやり眺める楽しみも今年はなくなってしまいましたので。 こちらの鬼さん達は、この前にみていただいた大きな観音さまの足元で支えているので大変です。ここの観音堂は、観音様のまわりにいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1285:秩父の石仏 札所4番 金昌寺12 石仏さん達

1日の入社式もネットでという新たな形がでてきました。学校の開始もまた開始時期は?みたいな状態で、まだまだはっきりしません。それより感染の状態がより明確になりつつあって、自粛はまだ続くということでしょう。仕方ないことですが、ご自愛下さい。石仏さんとお会いするのももう少し先になりますが、こちらでは先日から撮ってきたものを見ていただく事を続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1284:秩父の石仏 札所4番 金昌寺11 石仏さん達

31日となって、私も含め、多くの人が働く、そして学ぶ環境が変わる日がやってきました。明日からは新たな世界と対面する人も多いと思います。 長い間、会社勤めをしていると感覚がアンバランスになります。社会という枠ではなく、会社という狭い枠で慣らされているのは、いいことではありません。学校も同様です。何か新しいものを見つけましょう。そして新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1283:秩父の石仏 札所4番 金昌寺10 石仏さん達

東京都の昨晩の週末は近づくな要請で、会社がどう反応したかというと、今日は出社しなくていいから家から勤務ということに。 しかし、増えていると言われても、どの世代の人間が、どこのエリアでとかまったく説明ないというのが困ります。 今回の混乱は、こういう仕事がある人と、仕事ができなくなった人と、それに対して、どう対応すればよいか示すべき方々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1282:秩父の石仏 札所4番 金昌寺9 石仏さん達

20日が夏日のような陽気で、桜が一気に開花すると思ったのですが、鶴見の本山では木によりました。満開のもありますが、遅咲きも多いようでした。23日の朝に八重洲の桜通り(残念ながら東京駅に近い所は再開発もあり桜が移植されてしまい桜はみれません)は7,8分という感じでした。人形町は満開で、場所によって、かなりな異なりがあるようです。それでもこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石仏の心1281:秩父の石仏 札所4番 金昌寺8 石仏さん達

前回 秩父の石屋さんを書いたので、ちょっと調べてみました。秩父市には15件と地図入りででていました。 https://map.goo.ne.jp/search/address/11207/genre/23041029/ あとは小鹿野には石屋さんが多いです。(宣伝サイトだったのでリンクしませんでした)やはりかなりな数があるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more