アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
石仏の心(いしぼとけのこころ)
ブログ紹介
ようやくBlogを使って、石仏をお見せすることが出来ます。
これまで3回の写真展で使用した写真に、現在進行形で
撮影しているものをあわせてこちらに出していきます。
毎日はアップできませんが、私のBlues写真館で すでに
一つの形はお見せしているので、こちらでも違った形の
ものをごらんに入れられると思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
石仏の心984:谷中(日暮里)の石仏さん6
そこから一本並行してある岡側の道を谷中ぎんざの方にもどりました。 この並行した路は 六阿弥陀道 と呼ばれているようです。 http://www.yanakahatsu4.tokyo/sight 谷中初四町会のHPにありました。江戸中期にはやった阿弥陀さん巡り らしく田端の与楽寺から 下谷広小路の常楽寺 への道だったとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 07:26
石仏の心983:谷中(日暮里)の石仏さん5
長い間地元の人達に守られている延命地蔵さんがいらっしゃいました。 こういう風に町の中にお地蔵さんがあって、その縁で催し(祭り)があったりするのは、なにか本当に羨ましい感じがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/18 08:31
石仏の心982:谷中(日暮里)の石仏さん4
天王寺の所は駅のそばですから、駅からの路へ戻って、谷中銀座の坂(夕焼け段々)の坂を下り、混雑している谷中銀座を抜けましょう。 抜けたら左へ曲がります。 この通りは、よみせ通りです。 曲がってすぐ右に観光案内所があるので、かならずチェックして下さい。 ここを逃すと他にはありません。 さて、そこを進むと 左手に赤いのぼりが見えてきます。延命地蔵とあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/14 07:49
石仏の心981:谷中(日暮里)の石仏さん3
天王寺の山門の左側に、お堂があり、お地蔵さんと、お庚申さんがいらっしゃいます。私の背よりも大きなお堂ですので見落とすことはありません。ご近所の方々がちゃんとケアをされているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 07:52
石仏の心980:谷中(日暮里)の石仏さん2
天王寺の若柳観音さんを続けてみていただいています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 07:31
石仏の心979:谷中(日暮里)の石仏さん
さて、やっと谷中の紹介が始められました。 ここ2,3年の谷中の人気は凄いもので、お休みに行ったりすると、昭和30年代の近所の商店街のにぎわいがそこにと思えるくらいの混みかたです。若い方のお店、猫店、氷や、変わった店等々、なんかおもしろそうということで皆さん行かれています。 谷中は寺町で、歩いていて、苦労するくらいにお寺があります。奈良町みたいです。(元々谷中の墓地が大きなエリアを占めていたりしますので)住んでいる方にはこれが日常なのでしょう。 JRなら日暮里でおりて、岡側へ向ってください。地... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/07 07:29
石仏の心978:地蔵とあじさい2、柿生、常慶寺
梅雨の間でも、梅雨前線の位置で夏日になったり、豪雨になったり、大変です。また台風3号まで九州から本州を横切るようで、今晩からは関東も影響を受けるようです。まるで世界情勢みたいな天気です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 08:13
石仏の心977:地蔵とあじさい、柿生、常慶寺
お地蔵さんも あじさいを見物しています。ここは秋の時にも撮影していますが、紅葉が美しく、地蔵のもみじ狩りというテーマにはあう場所なのです。 梅雨の雨がちょっと続き、また初夏の熱さが来て、また雨、これが7月の中旬まで続くわけで、我々同様、お地蔵さんも湿気でいやになってしまわれることもあると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/30 08:09
石仏の心976:羅漢とあじさい-3、柿生、常慶寺
梅雨は続きます。今朝のモヤも凄かった。湿気が上がっているのは体にはきびしいものです、体調に注意いたしましょう。 今日は日中は梅雨の中休みみたいですので、特別な写真と内容にしておきます。 明日はいろんな所の神社で茅の輪くぐりの行事が行われます。ぜひ、ご近所で見つけられたら、くぐって、この年の前半の穢れを落として下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 07:24
石仏の心975:狛犬とあじさい、柿生、常慶寺
お寺の山門をくぐるとすぐ右側に秋葉神社の階段があり、そこを上ると、本殿の前にこの狛犬さんがいらっしゃいます。いままで、お二人ともを紹介したことがなかったので、背景のあじさいをぼかして、ご覧にいれることにしました。この目と表情はすばらしいものだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/26 08:26
石仏の心974:羅漢とあじさい-2、柿生、常慶寺
このお坊さん?は本堂の前でいつもお迎えくださいます。 この日は朝9:30頃つきましたが、多くの方があじさい見物も兼ねていらっしゃっていました。近くの介護施設?から車椅子で付人と一緒に来ている方も二組いらしたり、常慶寺は地域にとっても憩いの場所になっているのだと思います。仏さんの心なのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 07:25
石仏の心973:羅漢とあじさい、柿生、常慶寺
今日は西から梅雨前線が上がってきていて、日中は大雨になるようです。茅の輪も神社で用意されていて、私も地元でくぐってまいりました。今週の日曜に写真の練習(後で述べます)も兼ねて、五百羅漢と花で有名な川崎、柿生の常慶寺へ行ってまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 07:53
お知らせ:”石の仏”水墨点描画展の開催 2017.6.23-28
石仏協会の新年の展でも、いつもすばらしい石仏の水墨点描画を見せてくださっている久野秀晴さんが 2017年6月23日(金)から28日(水)まで ヨコハマは山手111番館で展を催されることになったとのことで、こちらでも 紹介させていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 08:17
石仏の心972:国東の石仏 山の神・仁王さん
前回から紹介している山の神と仁王さんの続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 07:27
石仏の心971:国東の石仏 山の神/海の神・仁王さん
今日は前から、ちょっと気になっていた国東の山神宮・海神社について書いておきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 07:29
石仏の心970:国東の石仏 葛原集落跡・仁王さん
”国東かぜ発信”の管理者さんに案内をされて国東を巡っていた時に、半島の山のてっぺんの集落跡にある仁王さんを紹介していただきました。 昭和30年代(1955-65年代)にはこの集落は皆、山を下られて、年二回、先祖のお墓の清掃にいらっしゃるとのことでした。その記憶をとどめることも一つの目的としてロングトレイルのコースをこちらの横を通ることにしたようですが、私は車でここまで連れてきてもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 07:18
石仏の心969:国東の石仏 七田観音
国東の富貴寺を田染の庄へ下りてくる(田染真中の方です)と中学校があります。たしかそこの裏山(家々の間の細い道を案内されて上りました)の中腹にこの七田観音がありました。 国東は下の道だけをいけば何か見つかるということではなく、行者が切り開いた山の道にもいろんな石仏さん達がいらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/06 08:27
石仏の心968:国東の石仏 川中不動 
すっかり暑くなってしまって、朝方はまだよいですが、日中は注意しないと熱中症になります。これから3,4ヶ月大変です。 今日はいつからやろうかと考えていた国東の石仏の紹介を少しずつ始めさせて下さい。 整理しながら、ご紹介させていただきます。 今日は有名なところで川中不動。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/31 08:15
石仏の心967:小倉 広寿山 五百羅漢7
今回のタイトルが広寿山・五百羅漢となっていますが、五百羅漢さんは結局、ちょっとしか見ていただけませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 07:25
石仏の心966:小倉 広寿山 五百羅漢6
山道を羅漢さんをみて歩いていると、再び、このような大きなたくさんいらっしゃる石仏さん達とお会いしました。 今回の最初の方に紹介させていただいた他の方のBlogの紹介の時点からかなり数が増えているのでしょう。 このようなお仲間が増えることによって、首をもがれた羅漢さん達のお気持ちもやわらいでいくかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 07:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

石仏の心(いしぼとけのこころ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる