石仏の心(いしぼとけのこころ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 石仏の心962:小倉 広寿山 五百羅漢2

<<   作成日時 : 2017/05/12 07:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

足立山の中腹を上って、五百羅漢の所までたどりつくと休憩所があります。その横に数体の羅漢さんと一緒にこちらの華地蔵さんがいらっしゃいました。
画像


(他のBlog等で昔の写真をみたりすると違ってみえますが、2016年10月に、ちゃんと整備された方がいっらしゃったようです。)
画像


華地蔵さんから左へ下る山道があって、その道の脇に五百羅漢さんがいらっしゃいます。

画像


前回の石仏の心で紹介したサイトには本当に首がない多くの羅漢達のお姿がでています。羅漢さん、お地蔵さんも、首の所が細いので、雨、雪、がけ崩れ等々で首が取れてしまうことはあります。(たまに心ないイタズラもあります)
しかし、ここまでひどく、こんな山の中にある羅漢さん達を壊して、散乱してしまうのは見たことがありませんでした。
人の心の浅はかさがこういうのを生み出すのだと思います。これを見て、学ぶものがあります。


横浜へ戻って、Netを調べていて、以下の杉浦さんの調査結果を知りました。
今回が1)、そのあと2回 紹介させていただきます。これだけ調べられた苦労に尊敬の念を表します。


首なし石仏考:首なし羅漢像は廃仏毀釈が主要因か

http://www.ka.shibaura-it.ac.jp/shakaika/12%20kubinashi-sekubutu.pdf

2012年度 芝浦工大柏高校 教員研究紀要 杉浦正和 (2013.3)

各地の例をあげて調べていらっしゃいます。 広寿山五百羅漢も入っています。
(やはり、その地元の方でも伝聞等が多く大変だったと思います)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石仏の心962:小倉 広寿山 五百羅漢2 石仏の心(いしぼとけのこころ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる