アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「石仏」のブログ記事

みんなの「石仏」ブログ

タイトル 日 時
再:日本一・丹波佐吉の地蔵像について
このBlogは2009/7/19の石仏の心159と160の間に書かれたものです。(昔はこういうNo.なしもあったのです) 最近、丹波佐吉に関心をもって追記したのですが、編集が完了してもBlog上では見えません。このため、 再度 更新版をこちらにアップしておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 07:51
石仏の心575: 地蔵盆
まだまだ熱い日が続きます。 今日は横浜鶴見では鶴見の花火大会です。これが終わると、夏も終わりという感じがします。それでも京都は五山の送り火が昨日終わり、夏の終わりに子供さんの地蔵盆で、夏休みが終わり 新学期という感じなのでしょうか?  上のお地蔵さんは 奈良の地蔵盆の時にたしか伝香寺で撮影したのだと思います。(もし誤っていましたら、確認でき次第修正します。 もしわかっている方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。お願い致します。)  熱い地蔵盆の日の下で、子供さん達に微笑んでいら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/17 10:38
石仏の心551:川崎 柿生 浄慶寺 観音さん 東日本大震災より2年 その2
昨日も一昨日も朝早くに地震がありました。縦にゆれるので感じましたが、TVにも出ないし、Netで地震のコーナーを見て茨城の方が震源地ということを知りました。 生活の日常の不安に加え、天災の不安は常に存在すると思います。ただ、3.11からはそれが関東に住む人々にも身近になったのでしょう。 地震、火山の噴火の可能性が最近よく話題になりますが、そんな中で生きて行くことは、これまでの科学万能で、地震も予知ができるというような可能性が?となった現在、非常に混乱した気持ちを持ちながら続けていくという... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/10 15:21
石仏の心549:目黒不動前 田の神さま
目黒不動の安養院の参道を左にみて、すぐ右側の商店の前にこの田の神さま(タンカンサマ)を初めてみてから ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/01 20:24
石仏の心395:東京・永代・萬徳院の石仏
東京でも茅場町のまわりにはお寺さんが少ないので、会社にいてもちょっと寂しく思っておりましたが、新川へオフィスが移動したので、永代橋の横となり、橋を越えて深川、清澄白川あたりも見てみようと行った所(もちろん自転車です)多くのお寺さんと石仏さん達にお会いすることができました。 ここは、永代橋を門前仲町方面へ越えていって、渋沢シティープレイス永代の大きなビルをみて、すぐ左へ曲がります (葛西橋通り)ちょっと行くとお昼にはお弁当屋さんでお肉をやく香ばしいかおりがして、その先の左側にお寺さ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/19 14:21
石仏の心384:茨城 石岡 長興寺の石仏
週末の天気がいまいちなため、先日行ってきた大森の残りの石仏はまだ撮影できていません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/16 20:05
石仏の心333:神楽坂:寶国寺 観音さま (続)
皐月晴れとなったと思ったら、突然の雷雨、千葉の方では竜巻もという変化のある天気ですが、春らしいといえばそうもいえると思います。 おかげで新緑の美しさは輝いています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/25 22:07
石仏の心332:神楽坂:寶国寺 観音さまと 白州正子展(世田谷美術館)の話し(続)
こちらの寶国寺を訪れ、美しい観音さまにお会いすることができました。山梨の海岸寺で会ったことのある観音さまのお姿に似ています。 この新宿区横寺町にあるお寺はみな戦災?にあったためか、みな鉄筋コンクリートの建物です。それでも、石仏さん達はいらっしゃいます。 お散歩がてら一度行ってみて下さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 14:22
石仏の心331:神楽坂:大信寺 お地蔵さん と 白州正子展(世田谷美術館)の話し
昨日はもうすぐ(5月8日で)終わる白洲正子展へ用賀の世田谷美術館まで行ってまいりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/22 20:55
石仏の心329:お地蔵さんの花見 日本橋 鎧橋
今年はあと一回、地蔵の花見を紹介して、また神楽坂、鶴見の石仏さんに戻ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/19 20:34
石仏の心328:お地蔵さんの花見 鶴見 道念稲荷
横浜鶴見の旧東海道を下って歩いていくと、第一国道を越えると、魚の市場の街を通ります。その町並みが変わる頃に右側に 蛇も蚊も の祭りで有名な 道念神社が目に入ります。 お稲荷さんの旗の赤は、桜の季節にもあいます。参道に二体ある石仏さんの 右側がこのお地蔵さんです。 満開の桜を背景に道を歩く人をお守り下さっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/17 07:51
石仏の心327:お不動さんの花見 鶴見 東福寺
東京、横浜の桜もほとんどが葉桜になってしまいましたが、秩父はまだ満開の桜を楽しめるようです。 今日は初夏のような気候でしたが、明日はまた寒くなると、春ですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/16 20:59
石仏の心325:神楽坂:大信寺 お地蔵さん
大信寺の観音様の左側にはちょっと離れて大きなお地蔵さんがいらっしゃいます。穏やかな、大きなお顔で、立たずんでいるので見逃すことはないと思います。 大きなお地蔵さんとお会いできるのはなかなか少ないので、嬉しくおもいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/09 20:11
石仏の心324:神楽坂:大信寺 観音さま
東京は桜が満開となりました。この非日常的な美しさが、人の心に訴えかけるものがあります。花が散る時、そして朝日がさして花の色が現れる時。そんな非日常を少しの間でも愛しんでみたいと思います。 昨年はこのBlogでも羅漢さんの花見で紹介しました川崎の柿生のお寺にお邪魔して羅漢さん達と会い、その後、まだ桜が散る前に茨城県の石岡でも羅漢さん達と会うことができました。桜がポイントになりました。 今、少し 桜と石仏で撮っていますので、もうすぐ見ていただけるかもしれません。(でも難しいです) ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/07 21:42
石仏の心322:神楽坂:大信寺 観音さま&東日本大震災 追善供養 復興祈願祭
この観音さまは、東京のお寺めぐり の本だったかで、偶然見つけて、気になっていまして、今回初めてお会いしに参りました。 神楽坂の寺町(横寺町といいます)で、お寺はみな戦災のためかお堂が新らしくなっていますが、その中で、寺町へ入って最初のお寺さんでした。 この観音さまは本堂のすぐ左側にある墓地の入口にある個人のお墓なのですが、あえて紹介させていただきます。  この横には大きなお地蔵さんもいらしゃいました。また後で。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/03 19:30
石仏の心320:飯田橋 筑土八幡 猿と桃/お庚申さん
10年前にこの近くに勤めていたことがあり、神楽坂には随分行っていました。今回、行っていなかったエリアにも足を延ばして、新たな石仏さん達とお会いできました。この筑土八幡のお庚申さん、猿と桃で有名ですが、このお庚申さんと何も知らないのに、行って出会ってびっくりしたのを思い出しました。それから何回も行ってはいましたが、カメラを持っていくことはありませんでした。10年目の本音で、撮影させていただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/28 21:03
石仏の心319:川場村 如意輪観音 十王堂墓地
この観音様は延命寺から虚空蔵に向かって歩いている時にちょっと歩いた所に十王堂墓地とかいてある墓地が道のそばにあり、十王とかいてあるので、閻魔さんとお会いできるかと入らせていただきましたが、場所名?だけでいらっしゃらず、こちらの観音様とお会いすることができました。 如意輪観音さんらしい優しい顔です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/27 22:03
石仏の心317:川場村 如意輪観音さん
川場村は今雪の中です。あの先にあるスキー場へ友人が先月いって、村の機関車Hotelに泊ったと言っていました。 でも昨年この如意輪観音さんは、暖かな日の中で微笑んでいらっしゃいました。 延命寺から虚空蔵山へ行く途中の川のそばの交差点の所でお会いしました。 花が入っているので、少しは春の感じがするかな?と アップしてみます。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/22 20:29
石仏の心314:東日本大地震
2011年3月11日午後二時四十五分、震度9の大地震が東日本一体を襲いました。 関東はライフライン(電気、水)もほとんど影響をうけずすみましたが、東北の太平洋岸は大変は被害を被りました。 被災者の方々にお見舞いを申し上げると同時に、地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/13 21:34
石仏の心307:雪景色 秩父 金昌寺
昨日から雪が降っています。また来週には降るかもしれないようです。東京郊外でしたら、積もることも多いと思いますが、町中では今回はつもりませんでした。 でも土の上は積もっている所も多いようです。 以前の日記をみてみましたが、やはり2月の初めに家のまわりの雪かきをしたと書いてあることが多いです。 雪は 石仏を撮影する場合、まわりのよけいな(目立つ)ものをカバーしてくれますし、石の色が暗い時などは救いになります。但し、寒い! のと全体の明るさの設定が難しいので注意をする必要があります。 個... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/12 21:06
石仏の心293:川場村 観音堂にて
一年の最後の日となりました。本年も石仏の心をみていただいた皆様、ありがとうございました。 今年は個人的には大変な年でありました。 そんな中 うつし世のしじまに という映画が救いとなり、考えさせられる所があったと思います。 私にとって親から受け継いで、何を残していくのか?と考えた時、心の在り方、又その心の寄り所がどこにあるのか?という事 ではないかと思うようになりました。それが何かということを言葉にしたり形にしたりすることは難しいです。 生きて、生きざまを示していくことができればそ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/31 08:21
石仏の心283:川崎 溝の口 等覚院 観音堂
等覚院からバス停一つ 溝口方面にいった所の道をはいってすぐの岡の所に観音堂があります。 そこの入口にこの馬頭観音さんがいらっしゃいました。 講中と書いてあり、近所の方々が奉納されたのだと思います。 あの紹介した映画 うつし世のしじまに で こういう形の講中が大きな役割をもっていたのを思い出したのでここにお見せしておきます。(いままでで馬頭観音さんをアップしたことはなかったです) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/01 22:04
石仏の心282:川崎 溝の口 等覚院
溝の口の南口からバスで10分から少しあるいた所にあるお不動さんをおまつりする、木々におおわれた境内。 東名高速のそばにこんなお寺がまだあったのだと驚きました。山門も大きいです。 そこにこの力士がかついでいる手水鉢がありました。こんなのは初めてみたので撮影しましたが、他にも鬼が担いでるものもあったりするらしいですが。 この横側には庚申の年に作ったと彫られていました。庚申さんの関係ではないですね? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/29 21:52
石仏の心281:川崎 稲田堤 寿福寺近く 小沢城跡下のお地蔵さん
寿福寺から稲田堤への帰り路は谷戸にそって、路が続いていますので、それに沿って歩いて行きました。 坂をおりると、まだ田んぼがあって、刈った稲を干していたりして、日本の里の原型をみる思いがしました。(でもまわりは住宅が建っているわけですが)それでもそのまわりは岡で、木がうっそうと茂っています。左側をみていると小沢城跡の案内があり、それを過ぎると、このお地蔵さんがいらっしゃいました。 この標語といい、お堂といい、まわりの人々によりお地蔵さんがお祭りされているのがよくわかるので、撮ってみました... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/22 19:17
石仏の心280:川崎 稲田堤 寿福寺 お地蔵さん
このお地蔵さんは 寿福寺の閻魔さまの右隣にいらっしゃいます。 閻魔さまに裁かれたものを お救い下さるということでしょうか? ここには奪衣婆はおられません。 十王さん達もいらっしゃいません。 でも閻魔さまと お地蔵さんがお墓の入口で見守っていらっしゃいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/21 21:45
石仏の心279:川崎 稲田堤 寿福寺 閻魔さま
10月の中旬に川崎は登戸の先の稲田堤から歩いて20分くらいの 以前なら山の中のお寺だったろう寿福寺へいってまいりました。まわりは谷戸が残り、新しい住宅地が増えている。山の向こうには読売ランドの遊園地の遊具が見えている。 以前 このBlogでもここの閻魔さまは 写真をアップしているサイトをリンクして紹介はしていました。 今年はここの閻魔さまにおめにかかりに一時間以上かけて家から現地へ到着、広い境内のどこにあるのかなーと思ったら、お墓の入口にいらっしゃいました。 横にはお地蔵さんもいら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/18 21:41
石仏の心278:特別編/うつし世の静寂(しじま)に
写真は京都は清滝、念仏寺の五百羅漢さんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/14 21:39
石仏の心277:練馬 長命寺の石仏 秋
ではお約束しましたコントラストが強い 秋の石仏さんの写真を上げて、以降は先日撮影した順番に川崎からお見せしようと思います。 長命寺はまわりに木々があり、境内も広いので、石仏さんたちがいる場所によって光の具合が異なります。見通しは良いので、今どこがというのはすぐわかります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/10 20:50
石仏の心276:練馬 長命寺の石仏 秋
今日は鶴見の本山のお墓にお参りに行きました。3時過ぎにいったら、日がかなり斜めで陰ってきてるのに驚きました。また紅葉がかなり進んできたことも実感しました。斜めの光を通してみる紅葉は美しいですが、本当に一瞬の美しさです。 石仏を撮影されるのでしたら、午後の2時で終え、それから後は斜光のコントラストを狙って下さい。その一瞬をみのがさないように。本山の後醍醐天皇陵の正面からみえる桜の木の下のお地蔵さんが画でした。春の桜の時もそうですが、あまりに近すぎるのでいつもカメラを持っていません。 反省で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/07 20:52
石仏の心275:練馬 長命寺の石仏 秋
11月に入って天気も安定し、秋の光が良い季節となりました。写真には大変よい時期だと個人的に思いますが、 それが正反対に作用する場合もあります。斜め光の強さはコントラストを強め、はっきりと画をみせる効果があります。 誰でも こういう形で撮れば良い画となるでしょう。 但し、光のさす具合が一日のいつか?という運もあるので、石仏さんとの出会い同様、一期一会なのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/06 16:51
石仏の心274:白滝山の五百羅漢さん
それではこれで、白滝山の羅漢さん達のご紹介は終わりです。また行くことがあれば、再度紹介することができると思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/30 13:33
石仏の心271:白滝山の五百羅漢さん
この羅漢さんは白滝山の頂上では似たものをかなりお見かけします。どっしりかまえて、何事もあわてないという感じがして、お会いするのが楽しくなります。 これを作られた石工さんはどこの方だったのでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/13 21:59
石仏の心261:白滝山の五百羅漢さん
白滝山の頂上にたどりついてお堂でお参りするとそのまわりにある羅漢さん達、石仏さん達の数にびっくりするでしょう。 長野の修那羅峠も同様ですが、ここまで持ち上げるだけでも大変な石仏さん達が近隣にお住まいの方々によりおまつりされていることはそのエリアのコミュニティーの力と文化の歴史を感じます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/04 14:20
石仏の心247:奈良の地蔵盆
この前にアップした 地蔵盆のポスターの 子供さん向きのものです。 昨日から、地蔵盆が熱い中 行われていると思います。 熱射病にやられないように、注意して楽しんでほしいと思います。 私の地元は 神社のお祭りを町内会単位で行っています。 関東には地蔵盆がないので、こういう形になりますが、 どちらも子供さん達のためであることには変わりありません。 子供山車、射的、金魚つり、焼きとうもろこし、氷と、いろいろあって大変ですが、これを越すと、年の半分をすぎたという実感があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/25 07:32
石仏の心246:奈良の地蔵盆
奈良はかささぎ町の地蔵盆のお知らせです。 これを撮影したのもかなり前ですから、26日となっていますが、 今年は明日、あさってかと思います。 いかにも地蔵盆のポスターなので嬉しくなります。 子供さんのお祭りを御祝いすること、そしてコミュニティー(生活の場)での自分のあり方を意識しないうちにわかってもらえるようにすることの意義は大切です。 関西はその中心にお地蔵さんがあります。 この風習は私には魅力的にうつります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/23 18:34
石仏の心245:お盆
このお地蔵さんは 奈良県は生駒山にいらっしゃったと思います。 今お盆の夏祭りの最中で、お母さんがお子さんとだっこして盆踊りをみていたり、夜店に寄っていたりするのをみると、夏だなーと感じます。 週末には 奈良でも地蔵盆 がかなりなところで行われると思います。 いつか、8月にでもいけたらと思っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/19 20:35
石仏の心243:おぼん 迎え火
7月に入って忙しかったこともありアップが遅れてしまいました。そうするうちに、お盆がやってきて、今日は多くの 家で迎え火がたかれていることと思います。 ちょっとの間ですが家族が増える気がします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/13 21:18
石仏の心229:茨城・石岡・長興寺・母と子の石仏
母性を感じさせる石仏で関東でもっとも知られているのは秩父金昌寺のマリア観音でしょう。 ここ長興寺にも 子供さんを抱いているお母さんの石仏さんがいらっしゃいました。 こういう形で日常の姿を形つくっている石仏さん達とお会いするのは 石仏さん達がより身近な存在として感じられるので嬉しく思います。 今日は母の日です、おかあさん に 感謝の意を(いつも感謝していても)表わすことがあってもいいでしょう。 さて、私も何か考えましょう。  母の日を御祝いしましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/09 07:53
石仏の心228:茨城・石岡・長興寺・おかあさんの石仏
明日は母の日です。また明日もアップしますが、今日は変わったタイトルをつけました。 なぜか母性を感じさせる優しい石仏さんです。 尼さんかな?とも思いましたが、美しい石仏だと感じます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/08 10:00
石仏の心227:茨城・石岡・長興寺・子供の石仏
この石仏さん達は もしかして五百羅漢さんの一部なのかもしれませんが、今日が子供の日ですので、子供の石仏として紹介させていただきます。 岡の上にたくさんの いろんな表情の小さな石仏さん達がいらっしゃいます。一つ一つが芸術作品のようです。 でも赤ちゃんが一杯いるようにも見えますね。 現在の日本、けっして経済が安定して、みな幸せに暮らせるところではありません。 子供たちが安心して住める未来を作ってあげたいものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/05 16:05
石仏の心226:茨城・石岡・長興寺・石仏
昨日は 長崎の被爆されたマリア像が訪米されたというNewsを見ることができました。マリアさんも あの日から いままで、このような世界のあり様を嘆いておられたのでしょう。 そんな人の一人として、人間の限界を悲しく思います。 戦争は繰り返してはなりません、ウソの平和でも、ウソのない(マジな)戦争よりよほどまともです。 石仏さんの写真を撮っている一人としても、写真を撮っているうえでそういう気持ちを伝えたいと考えます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/04 21:29
石仏の心225:茨城・石岡・長興寺・石仏
長興寺は鈴木さんという方が多くの羅漢さん、石仏さん達を作られて、奉納されたようです。その記念碑もあり、 彼の制作がわかるようになっています。 境内の石仏さんをみていると、各地にある、いろんな石仏さん達をよく勉強されています。これには感心します。  これは蔵王権現さんだと思います。 知る内で、一番凄いと思ったのは(近くまでは行くのですがまだお会いしていない)信貴山の麓の近くのものです。 この権現さんも雰囲気がでています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/03 20:38
石仏の心224:茨城・石岡・長興寺・石仏
微笑み、そして笑い、もっと石仏さん達の表情の中に見つけたいと思います。 五百羅漢さん達の中ではよく泣く、笑っている方がいらっしゃいますが、石仏の中では少ないと思います。 微笑みは 長年の雨と風によってつくりだされる場合もあります。が、こういう形で笑いがでてくることは少ないので、お会いして嬉しくなってしまいました。 ここ長興寺さんの 羅漢さん、石仏さん達は本当にいろんな方達がいらして、興味がつきることがありません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/30 23:20
石仏の心223:茨城・石岡・長興寺・石仏
昨年秋に石岡の長興寺の羅漢さん達を撮影に行く予定でしたが、都合でいくのが今頃になってしまいました。 東京駅の八重洲口から水戸行きバスで一時間、そこからはタクシーで10分くらいですが、他の交通機関は不便です。 よい田舎ですので。 鈴木さんという方が造られた羅漢さん達が多くあり、それにアーチストの方が造られた羅漢さん? 石仏さん達がいっぱいあります。お寺の手前が池でそこに至る小川もあり、橋があって、その先には閻魔さんがいたりして、これは三途の川?というのもあり、桜も美しく、また秋に訪... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/24 21:55
石仏の心221:横浜鶴見・市場・金剛寺
前回から旧東海道の鶴見川の渡る橋(関所みたいなものも幕末にはあったようですが)のそばにある 市場上町の金剛寺を紹介していますが、今回は昨年そこでお会いした 優しい観音さまです。 近くにこのような観音さまがいらっしゃるとは思いませんでした。 桜のはなびらがまわり一面にある所にこの観音さまはいらっしゃいます。 ちょっと考えるように、そして 優しい微笑みを浮かべていらっしゃいました。 なかなか お会いすることができない表情の石仏さんです。 また秋にお会いしてみようと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 20:40
石仏の心220:横浜鶴見・市場・金剛寺
先週の週末はここで桜を楽しむ最後のチャンスとなりました。 金剛寺の石仏さん達は桜の花びらをみながら 春の日差しの中で微笑んでいらっしゃいました。 この六地蔵さん達は桜の木の下にたたずんで、人の道を 示しているのでしょう。 こちらのお寺は子育て地蔵もあり、あとから紹介させていただきます、美しい微笑みの観音様もいらっいます。 昔の東海道の一里塚をすぎてすぐの鶴見川のそばのこのお寺にいらした石仏さん達はこのお寺を引き立てています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/14 20:42
石仏の心219:伏見・石峰寺の羅漢さん
今日はお昼に人形町の大観音寺の花まつりへ。 お釈迦様の甘茶がけが本堂の前にあって、階段のところから 人が並んでたので、ちょっと待ってお参りしました。ちゃんと甘茶もかけました。 この年に一回の催しは桜の季節ということもあって好きです。 人形町の町内会が全面的にバックアップして、ちゃんとご接待があり、甘茶とお菓子が でて、茶店の台にすわって通りの桜もみながら楽しめるという良い昼のひと時でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/08 20:14
石仏の心218:伏見・石峰寺の羅漢さん
この石峰寺の羅漢さん達はそのお庭の中にいらっしゃる位置も考えられてあるようで、庭のいろんな場所にいろんなお姿でいらっしゃるのがおもしろいと思います。まして、表情もユニークですし、あの元の画をかかれた江戸時代のアーティストのすばらしさを感じます。  このお庭の部分を望む位置にあるお宅がかなり前にこの羅漢さん達と竹林を借景にしたお部屋を作られましたが、あれでいいものか、訪れる度にちょっと?を感じます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/07 22:38
石仏の心217:伏見・石峰寺の羅漢さん
東京八重洲の桜通りの桜は満開です。少しずつ散りだしていますが、その風情は夜のライトに照らされたり、雨あがりの曇りの時のうす桃色の花の色が浮かび上がる所をみたりすると、より感じるものだと思います。 人形町も通りの桜は満開で、甘酒横町の真ん中の桜が遅咲きでこれからが楽しみです。 ちなみに 人形町の観音寺の 花まつりは8日です。 お茶とお菓子のご接待もありますので、近くの方はぜひお参りを。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/05 22:40
石仏の心216:伏見・石峰寺の羅漢さん
今日は昼があったかかったので、お花見で、桜のある場所はにぎわったようです。 もうすぐ花まつりの季節でもあり、昨年の時には京都は伏見の石峰寺の石仏さん達を紹介していました ので、今年も同じように羅漢さん達をちょっとの間みていただきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/03 20:05
石仏の心215:大田区沼部の密蔵院の石仏
多摩川園前(以前はこの名前でした)駅の一つ蒲田よりの沼部には新幹線のガードのすぐ横に密蔵院という、お庚申さんで有名な(それ以外にもあの周辺では最も古い舟形の台にのった地蔵さんもいらした記憶があります) お寺ですが、この石仏さんは冬に入るすこし前にお会いして撮影しました。 なにか悲しさを感じるので、いままでお見せしませんでしたが、今日は新聞に 歌手のしばたはつみさんが 亡くなられて、その葬儀を密蔵院で来月初めに行うと書いてあったので、アップすることにしました。 しばたさん、以... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/29 22:52
石仏の心214 信貴山の石仏
昨日紹介した、信貴山は全体の画でしたので、今日はその毘沙門天さんのお使いのトラを見ていただきます。 ちゃんと檻に入って、危険はありません。 奈良の信貴山にはトラの石仏が多くありますので、トラの子から親までいろんなもんが見れます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/28 20:19
石仏の心212 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
今朝の春雷と、大雨、それに続く風はいかにも春の季節入りを示す自然のイベントでした。 近所の桜は来週には咲くぞーという意志を持っていいるようにつぼみをふくらませています。 同時に光が変わりました。冬から春へ 写真の中でも光が輝いていきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 17:14
石仏の心211 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
昨日から春が来たようです。日差しの暖かさが冬が終わったと伝えています。 まだ寒い日はあるかもしれませんが、桜がみれるのもすぐでしょう。 しかし花粉症にとってはたまりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/14 20:45
石仏の心210 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
今週は暖かくなったら、ちょっと寒くなり、明日は雪がふるようで(つもらないでしょうけど) 春になる前の 寒暖の激しさがはっきりしてきました。春は近いです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/06 22:00
石仏の心209 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
ハイチで、沖縄でその後チリで大地震があり、今日は大津波警報がでて、京浜東北、鶴見、浜川崎、横須賀、東海道、京葉等の電車が一時止まったりしました。 1m以上の海水上昇で被害を受けた方もいらっしゃると思います。 生まれてからこのから、これほどまでの警報がでたのは初めてでしたし、あの海面の上昇と下降の早さには言葉がありませんでした。避難された方々も大変だったと思います。  各地の大地震で亡くなった方、被害を被った方々も多く、亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けた方々へも力を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/28 20:23
石仏の心208 京都 宝鏡寺 人形供養塔
 今週は春一番で、暖かい日が続き、おかげで花粉症までひどくなりました。 3月になるとすぐひな祭りですが、一足早く 京都の宝鏡寺では1日にお祭りをするというのを知りました。 以前、夏の奈良の地蔵盆の頃に帰りに京都によって、人形供養をやっているこちらを訪問しました。 供養塔の石仏さんはいかにも子供らしくユーモラスでした。 でも他に石仏さんはいらっしゃいません。 東京では 人形町の大観音寺が 秋の人形町のお祭りにあわせて人形供養をやっているのは知っていましたが、 他にもあるのでし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/27 19:56
石仏の心206 京都 清滝 念仏寺 護法神
羅漢さん達の中に、あの円空さんが作られた護法神を形にした方がいらしたようです。 最初にお会いした頃は、何の知識もありませんでしたが、後日 護法神として仏法を守る神さま であることがわかりました。 円空さんは 木の中から形を彫り出していましたが、これを作られた方は 石の中から、その心の形としての護法神を彫りだされました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/14 21:18
石仏の心205 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
今週の節分は寒かったですね。2月は15日がお釈迦様が入滅された日とのことです。 この入滅を涅槃というということを知りました。 各地のお寺で涅槃会が行われています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/06 21:46
石仏の心204 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
今日から二月になりました。今日の夜から雪とのことで、関東も雪化粧となりそうです。 中学・高校・大学受験の方々も、ご父兄も大変ですが、頑張って下さい。 天気に負けないように。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/01 11:50
石仏の心203 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
愛宕の羅漢さんです。こういう羅漢さん達もいらっしゃいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/30 17:27
石仏の心202 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
愛宕(おたぎ)の羅漢さんが続きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/23 11:33
石仏の心201 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
昨日は神戸大震災より15周年でありました。またハイチでも大地震が起こり、多くの方がなくなられ、被災に会われた方々も大変な数に上っています。個人的もできるだけのことはしようと考えておりますが、この種の自然の猛威の前には人はなすすべもありません。残念です。 せめて、亡くなられた方々のご冥福を祈ろうと思います。 祈りは世界のどこでも共通であり、亡くなった方々への思いを形にするための意義があります。 石仏さん達も祈りを形にしているものが多くいらっしゃいます。 いつの時代も同じなのでしょう。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/18 18:54
石仏の心200 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
1月16日は閻魔さまの日 と紹介しましたが、昨日は、どんど焼き、大磯では左義長(さぎちょう:詳しくは検索して下さい。あそこだけの特色のあるどんど焼きだと思います。)が各地で行われたようです。 長野のスキーのメッカでのどんど焼きは飾り等も作り凄いお祭りだと聞いたことがありますが、近所でやってる所が ないため見たこともなく残念です。 もう少し時間の余裕ができれば見れる機会もあるでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/17 13:43
石仏の心199 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
2010年に入ってから 朝日新聞の夕刊の一面の下半分に人・脈・記 として 仏像日和 という特集がでています。 新聞の一面に、木仏だけでなく、石仏までできて、それに係わる人々が紹介されるのは、初めてではないでしょうか?(いままでだと東京新聞で紹介される事が多かったと思いますが)本当に嬉しく思います。 今日は”まわり地蔵”さんがテーマでした。明日も楽しみです。まだご存知ない方は、多分jinmyaku@asahi.com でチェックして下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/15 22:03
石仏の心198 京都 清滝 念仏寺 羅漢さん
石仏の心31-34でもすでに紹介しております、愛宕(おたぎ)の念仏寺の羅漢さんを紹介することにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/09 21:16
石仏の心197 塩の道 大黒天さん その3
2010年も経済の活動が始まったようです。道も車が戻ってきました。 この大黒さんは 青木湖の駅の前のお店の横(横の道が土盛りしてかなり崖のようになっていましたが) にいらっしゃいました。 このような福をもたらす石仏さん達と会って、ちょっとでも気持ちから 福をもらった感じとなり、それを広めて行きましょう。 それだけでも社会は明るくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 19:53
石仏の心196 塩の道 大黒天さん その2
長野から新潟へ至る塩の道では、いろんな所で大きな大黒天さんとお会いできます。 日本といっても、そう歩いているわけではないのでわかりませんが、 このような大黒天さんは、中国地方は福山市ー>井原市へ向い、井原の町に入る手前の 国道の脇(横がバス亭だったと思います)に 大きな 大黒様がいらっしゃたのを良く覚えています。 (町中からなかなかいけなかったので撮影したことが残念ながらないのです。) 大きな大黒様には なにか頼れる安心さを感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/03 13:57
石仏の心195 塩の道 大黒天さん  その1
2010年となりました。あけましておめでとうございます。 今年も頑張って、またアップさせていただきますので、また見に来て下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/01 16:26
石仏の心194 修那羅の石仏 
あと数時間で2009年が終わります。 新年にむかって、この修那羅にいらっしゃる石仏さんのように 何かを祈りましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/31 22:04
石仏の心193 修那羅の石仏
忙しい師走の中で、こういう石仏の御姿を見る余裕があることは嬉しいものです。 いつも仕事、日常の生活にしがみついて頑張っている人は、この種の空間を訪れて、何かを感じようと することは困難かもしれません。 そう書いてる私でさえ、無知で、怠けもので、新たな出会いを求めても、なかなか 果たせないのが現実です。 でもその思いだけは大切にしたいと思います。  思いはいつかかなうものです。 ボルブドールであろうと、修那羅であろうと、行く気さえあれば、いつか訪れる ことができるのです。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/30 20:54
石仏の心192 修那羅の石仏
石仏の心71-75でも上田の修那羅峠の石仏は紹介しておりますが、今回は以下で興味あるお話を見つけてこちらへの転載許可もいただきましたので、アップさせていただきました。 こういうお話をうかがうと嬉しくなります。 (年末で、アップの追加です) ##写真は 修那羅峠にいらっしゃる お蚕神さんです。いまでも農業には重要な役目をお持ちです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/28 20:09
石仏の心191 北鎌倉 円覚寺 観音さま
今年も最後のアップになるかもしれません。 次ぎは新年でしょうか? 見ていただきありがとうございました。 この円覚寺の観音さまもこれでご紹介できるのは最後となると思います。これまでみていただいた観音さま だけで、あの特別な感じがわかっていただけるでしょう。 まだお会いになっていない方はぜひ一度円覚寺を 訪問してみて下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/26 20:58
石仏の心190 北鎌倉 円覚寺 観音さま
今日は 石仏写真の撮り方 のお話をします。 この観音さまは石仏の心185で紹介したものを正面から撮影したものです。この観音さまは少し上むきに頭をあげていらっしゃいます。また、厚さも平面とはいわないまでも石は薄いものを彫っています。 少しでも厚さがある場合、(平面的でない場合) 斜め上、下から撮ってみて下さい。185の画が典型で、表情がでてくる場合が多いと思います。 平面的な場合、正面から、あるいは真横ということも可能ですが、できるだけ表情がみえるように撮影して下さい。後から選択することに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/21 21:05
石仏の心189 北鎌倉 円覚寺 観音さま
今日は石仏の心183で紹介した観音さまの ちょっと異なる画をお見せします。撮り方の一例として考えて下さい。 円覚寺へ入って、左側の閻魔さんがいらっしゃるお堂をすぎ、龍隠庵へ曲がるとすぐにいらっしゃる観音様です。 観音さまは同じですが、撮り方が異なっています。 183では少しアップぎみで、まわりの風景を入れていません。 今回はもう少し背景を増しています。 画を作る際に、背景がじゃま(余計なものが入る、たとえば、石仏とは相いれない、電線、電柱、看板、ハデな家等々)なものがあって、石... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/14 22:10
石仏の心188 福岡 勝ち地蔵さん
今日は、福岡の友人が教えてくれたおもしろい地蔵さんを紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/10 22:44
石仏の心187 北鎌倉 円覚寺 観音さま
昨日の雨で銀杏の葉も多くが散ってしまったと思います。それでもこれからは黄色でなく、赤がめだってくると 思います。緑の中に黄色、赤がある背景は 何を撮影しても美しいと思います。 まして天気が良い時のライトの良さはこの時期の特徴ですから、逆光等を使って、石仏を撮影しても おもしろい画になるかもしれません。 特に ここの所紹介している 円覚寺の観音さま達は、ちょっと違うので、写真にしても見せ方を 変えた方がよいかと思われます。 ぜひトライしてみて下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/06 22:34
石仏の心186 北鎌倉 円覚寺 観音さま
ここ円覚寺にある観音さまはかなり意図して、芸術的に作られた感じがします。 私が選んで撮影しただけではなく、先日からお見せしている観音さま達がずらっと並んでいらっしゃることが凄いことです。お寺の中にあることが幸いして、管理がよかったことが幸いしたのでしょう。 風化したりして 壊れた石仏さんは多くありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/28 22:31
石仏の心185 北鎌倉 円覚寺 観音さま
明日は勤労感謝の日で連休の最終日、今日みたいに天気が悪くないといいですが。 銀杏の葉も町で色づいているのをみると、いつ散るかな?と感じたりします。 葉っぱが地面に積もると、ライトが反射して撮影しやすくなるし、また色も石仏さん達を引き立ててくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 22:41
石仏の心184 北鎌倉 円覚寺 観音さま
円覚寺を入り 山門をくぐると そこに方丈があります。そこの裏にあるお庭は有名ですが、山門を入ってすぐの右手にある百観音の石碑と観音様達が見つかります。 明治時代にできたという話しで、線画の石仏さんと、形になった石仏さんがかわりばんこにならんでいらっしゃいます。 そこにはこの美しい観音さんが いろんな姿をしているのと会うことができます。 特徴は正面をむいていらっしゃらず、かならず、横を向くか、ちょっとうつむいているかというものです。 私はこういうのを他で見たことがなかったので、変わっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/15 21:07
石仏の心183 北鎌倉 円覚寺 観音様
円覚寺へ入って、龍隠庵へ曲がるとすぐにいらっしゃる観音様です。 季節によると思いますが、光が 入ってくる時期もあるので、そういう時にはまた異なった美しさが見えてくると思います。 円覚寺には思ったより多くの石仏さん達がいらっしゃいます。 時間があれば、もっとお会いできたのにと 思うと残念ですが、また伺えるでしょう。 この次ぎからは 方丈でお会いした観音様を紹介します。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/12 10:24
石仏の心182 北鎌倉・円覚寺 お地蔵さん
今日は午前中に思いきって、北鎌倉まで行ってきました。円覚寺の石仏さん達にお会いするためです。 まだ紅葉はちと早く、来週以降かなという感じでしたが、参拝される方も多い割には境内が広いので、散っていて助かりました。でも落ち着いてお会いできたかというとそうでもなく、10:30に到着、12:10分くらいまでしかいられなかったので、限られた中、開かれた塔頭も訪問し、15日までおこなわれているお寺と、アートのコラボレーション 鎌倉巡空 (検索してみて下さい)を龍隠庵で見ることもできました。 こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/08 21:44
石仏の心181 秩父・金昌寺 石仏
今日も逗子まで参りましたが、時間的余裕がなく、北鎌倉に寄って円覚寺へいくこともかないませんでした。 先週も鎌倉までいったのですが、夕方だったため、同じく無理でした。 気候がこれで少しずつ寒くなっていき、安定してくれば(風が強く吹かない限り)良い撮影ができると 思います。今朝はすばらしい青空で、ライトも十分、撮影には良い日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 17:05
石仏の心180 秩父・金昌寺 お地蔵さん
秩父のミューズパークは今、銀杏並木が美しく色づいています。 金昌寺も黄色の絨毯がひきつめられてきれいな境内が見れる頃でしょう。 バス等で団体で来られる方も多いとのことですので、 そういう場合はあせらず、長居して下さい。 静かな中で石仏さん達と お会いするのが良いのですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/01 12:36
石仏の心179 秩父・金昌寺・笛吹童子
秩父の金昌寺はここでも多くを紹介していますが、この笛吹童子さんは特別です。 他では琵琶湖のほとりの坂本にある天女の演奏している石仏の一つが笛の演奏をされていますが、あまりお会いできない石仏の一つです。 (あっても平面的なものが多く、このように立体的な石仏ではない) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/24 11:28
石仏の心178 秩父・金昌寺・羅漢さん
11月に石仏の撮影に秩父に行こうか、福島へいこうか考えています。その前に鎌倉なのですが、なかなか予定が実現しません。 インフルエンザが我が家にもやってきて、(横浜は凄いことになっています)それが原因ですが、行くことのリスクは混雑している街中へいくよりは少ないと思いますので、前向きに検討します。 4回目の石仏の写真展をひさしぶりに予定していて申し込みまで準備したのですが、やはりこの時期ということを考えて、来年まで延期にしました。見に来ていただける方々にインフルエンザのリスクは厳しすぎ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/18 19:30
石仏の心177 秩父・金昌寺・羅漢さん
体育の日の3連休も終わりです。 近くの小学校では保育園の運動会をやっていました。 校庭が体育館の工事で狭くなっていたため、町内会連合の運動会はなくなりましたが、(インフルエンザの懸念も ありましたから)また来年はあるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/12 20:31
石仏の心176 秩父 金昌寺 羅漢さん
前から少しずつアップしている中で金昌寺にいらっしゃる羅漢さん達もかなり見ていられると思います。ほとんどが羅漢さんの寄居の少林寺と異なり羅漢さん達が境内の本堂の横には並んでいらっしゃいますが、他はかなりいろんな場所にいらっしゃるので、毎回行って、初めてお会いできる羅漢さんもいらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/08 15:54
石仏の心175 秩父・少林寺 五百羅漢
ここの所お休みしていたので、今日もアップしておきます。 秩父の寄居・少林寺は、これからの季節、五百羅漢さんのいらっしゃる山を越えて、湖をまわると良いハイキングコースともなります。自然の中で 羅漢さん達と対面し、何かを感じることも良いと思います。 やはり、あれだけの数のすばらしい羅漢さん達が山の中にいらっしゃる所も少ないですし、決して駅からも遠くなく、 車をもってる方には便利な所でもあるようですから。天気が良い今日みたいな日には良いでしょう。 但し、大雨が降ったあととかは山道も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 08:24
石仏の心174 秩父 少林寺 五百羅漢
この前に 休み中は鎌倉へ行って撮影でもといっておりましたが、あいにく、21日に横浜のアレクサンドリア沖に沈んだエジプトの歴史の展覧会を見に行って、そこで食事をしたら、大当たりで、その日の午後から23日まで寝込んでしまいました。24日にお医者さんへいって検査したら、やはり、食べ物が悪かったという結果で薬もらって治りましたが、 おかげで、北鎌倉での撮影はもう少し先になりそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/02 23:22
石仏の心173 秩父・少林寺 五百羅漢
今日は朝から鶴見の本山へおまいりに行って、お墓もきれいにしてきました。 彼岸花が咲いていて今の季節を感じました。 明日から本山も彼岸の行事のようですが、天気もよくかなりな方がいらっしゃっていました。 たまにはご先祖様へ感謝の気持ちをもってピクニックがてら行かれるのもいかがでしょう? 今回のSilverWeekを利用して 鎌倉の円覚寺へいって百観音さん達にお会いしてくるつもりです。 また良い出会いがありましたら、こちらでご覧にいれられるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/19 16:49
石仏の心172 秩父少林寺 五百羅漢
先週末はちょっと疲れで風邪ぎみだったため、アップできませんでした。 もうすぐ秋の彼岸です。いろんなとこで彼岸花が見れます。 少林寺、金昌寺の石仏さん達も多くの人々が 御参りして会われることになると思います。 このBlogでも五百羅漢さんを紹介する機会も多いですが、ちょっと秋の風景ということで少林寺の羅漢さん達を お見せしておきます。 羅漢さんのこの表情、動作、これが人を引き付けるものがあると思います。 それは生きた人がモデルだからでしょう。 それだからこそ、誰か知ってる人と会... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/14 22:30
石仏の心171 子供さんの石仏 金昌寺
この秩父金昌寺の子供さんの石仏は、最初にお会いしてから40年弱になりました。このなんともいえない表情は 一度みたら忘れません。 まわりの草の様子が変わったりしていますが、周辺が地盤の整備等で歩きやすくなったことを除いては、あの頃と変わっていないと思います。  多くの方が金昌寺を訪れると、この石仏さんと会われるようです。本堂とは反対の右側へ道をいくとすぐ山道の所にいらっしゃいます。 この石仏を作られた方がこめられた気持ちは 見たものにちゃんと届いていると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/08 22:18
石仏の心170:羅漢さん 秩父金昌寺
先週の選挙で政治に大きな変動があり、いろいろ変わるかもしれません。羅漢さんは賢人ですから、こういう社会の変化をどういう風にみてきたのでしょう?この金昌寺の羅漢さんも秩父の明治のあの一揆を見、自由民権の広がりを見、そして戦争をみて。現在に至る中、石仏さん達をとりまく環境も変わり、道の傍の居場所が、経済の発達ー>道路拡張となり別の場所に移され、お寺、神社まで引っ越しとなるような変化の中、一言あるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/05 21:45
石仏の心169 観音様 秩父金昌寺
今週はベトナムへ出張でアップができませんでした。ホーチミン(旧Saigon)へ行き、そこから1時間ちょっと離れた所へ行くわけですが、この半年ちょっとで、いろいろ変わっていました。ここでお伝えするのは、蓮福寺というお寺が 整備されたのか、道から観音さまが大きく見えるようになっていて、それを偶然朝みつけて、帰りも再び見つけたら、その時には長い御線香をもった女性が御参りしていらっしゃいました。 Saigonでも中国人街の方にはお寺が あって御参りしたりしましたが、(ハノイにも町の中心部... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/29 18:04
石仏の心168 横浜鶴見ぼてふり地蔵さん
昨日は横浜鶴見でもお盆の花火大会でした。夏の終わりを彩る花火は美しいものです。 ぼてふり地蔵さんも 昨日の花火は楽しまれたと思います。 (ぼてふり地蔵さんは 石仏の心115の前後で紹介しておりますのでそちらもご覧ください) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/23 11:44
石仏の心167 奈良の地蔵盆
今週末は京都も奈良(の一部)でも地蔵盆で子供さん達は楽しみにしていると思います。 こういう形で お地蔵さん とのご縁を作っていくのはすばらしいことだと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/16 10:16
石仏の心166:奈良の地蔵盆
奈良ももうすぐ旧の地蔵盆です。京都は地蔵盆の本番です。 でもそれ以前にお盆ですね。 この写真は明日香の前にお見せみた 反対側(明日香村側) におりてすぐの所で 地蔵盆の準備をされているところです。こういう形で どこにお地蔵さんが いらっしゃるかがわかります。 地元の人たちには、やはりコミュニティーの日常の中の一こまですが、 私にとっては、価値がある一こまです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/12 22:58
石仏の心165 奈良の地蔵盆
石仏の心164はアップの間違いで、順番がちょっとくるってしまいました。すみません。 この写真では石仏の心163にあるお地蔵さんがどういう場所にあるかよくわかっていただけると思います。 何かの境にいらっしゃる地蔵尊という存在がよくわかります。 ここ2、3日も突然大雨が降ったりしますが、その後には蝉時雨も聞こえるくらいになりました。 立秋ですが、まだまだ熱い夏休みです。 インフルエンザもはやっているようですからご注意ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/08 21:55
石仏の心164 奈良の地蔵盆
奈良駅から般若寺方面にむかっていくと、道の右左に、こういう風にお地蔵さんをおまつりしている場所を見ることができます。 あの提灯がいっぱいつるしてあります。 私はあの地蔵盆という提灯を奈良町の提灯を扱ってるお店でみてずーっとほしいと思っています。 奈良の地蔵盆の写真展をやる時には絶対 使います。 (この撮影場所は 向かって右の お風呂屋さんのそばだったと記憶しています) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/02 15:30
石仏の心163 奈良の地蔵盆
7月24日の地元の祭りの準備に始まり、25,26日と神社のお祭りで、子供山車などの手伝い等があり、 アップできませんでした。 8月に入り、10年に一度ある冷夏のように涼しいですが(いままで勤めに出る時に8月1日でしっかりネクタイをして ジャケットを着てでたのが二回くらいあるのを覚えています)、地蔵盆もかなり雨の影響を受けたかもしれないと心配しております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/02 15:25
石仏の心162 奈良の地蔵盆
奈良の明日香も、今頃は地蔵盆の準備をしている所がおおいはずです。 このお地蔵さんは、駅から歩いていけばかならず会うことができる大きな石仏ですが、そのまわりにも ちゃんとこの時期だけの提灯が飾られています。 夜になって、提灯に点灯されるとその光でみえるお地蔵さんの姿も美しいと思います。 お地蔵さんのために町の中にかけられた提灯、ぼんぼりも点灯で、その風景に味を加えています。 私にとっては、これを見ると、熱い夏が始まるんだという感じがしてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/23 21:54
石仏の心161 奈良の地蔵盆
帯解の地蔵盆は7月ですが、この帯解寺は大きな御地蔵さんが御堂の中にいらっしゃり、あの小さな帯解の 町の通りが人でいっぱいになり、店も露店もいっぱいでて、夏のお祭り!という感じがします。 帯解には御地蔵さんをおまつりしているお寺は二つあるので、どちらも御参りしますが、なにか、 駅のまわりの看板をみると、あまりお寺さんの仲はよくないようです。 それはまた別の話しですが。。。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/21 22:20
石仏の心160:奈良の地蔵盆
 熱い頃に行われる 地蔵盆、奈良の般若寺へ向かう途中の左側にいつも道にみえるように幕をはって、 御祭を他の人にもわかるようにしています。 この撮影したまわりでも3,4か所はあります。  地元の方々が御参りされ、いろんなものをあげていらっしゃるのをみて、あと子供さん達に御菓子等配られる。 よい夏祭りです。 和歌山の方の”日刊 こよみのページ”より地蔵盆についてのいままでにない 詳しいお話をみつけましたので紹介しておきます。(以下全文が引用です) http://koyomi.vi... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/20 15:53
「「日本一」丹波佐吉の地蔵像」について
「「日本一」丹波佐吉の地蔵像」について 丹波佐吉さんの作られた石仏さん達のご紹介ありがとうございました。各地の有名な石工 さんを存じあげているわけではないので、大変勉強になります。次ぎに訪問する所の課題が増えました。すばらしい作品だと思います。 2017年4月追記:、 やっと近いうちに丹波佐吉の作品である石仏さんとお会いしようと思うようになり、準備を始めています。 石仏の心でも初期に紹介した内容に以下のDataをくわえておきます。皆さん、すばらしい資料を作られています。 リンクさせて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/19 21:13
「寿福寺の閻魔大王(川崎市多摩区菅仙谷)」について
「寿福寺の閻魔大王(川崎市多摩区菅仙谷)」について すばらしい閻魔さまがいらっしゃいますね。横浜ですが、川崎は近いのに不勉強でした。こういう形で紹介されていると新たな課題がでて まだまだ 行ってみたいところがあるので嬉しく思います。 よい写真と紹介ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/19 20:55
石仏の心158 目黒・不動前・安養院の石仏
先週から電車でも駅でもお坊さんを見かける機会が増えました。 木曜日には蠣殻町のコーヒー屋さんでお迎え火をたいているのを見かけました。 (以前に8月の旧盆のシンガポールで お迎え火をたいてるのをみておんなじだと思ったことがあります) やはり季節を感じます。 小学校ー高等学校はお休みに入りました。 来週は神社のお祭りで、週末が大変です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 17:12
石仏の心157 目黒・不動前・安養院の石仏
今日 いつもより早めに関東は梅雨開けしました。 今日はまだ湿気がすくなくて、熱さがめげるほどではありませんでしたが、これからは 熱中症に注意する季節となります。 石仏さん達と会いにいって、これになっては たまりませんから、十分注意して下さい。 私も一度 夏の塩の道で、前日けっこう歩いて疲れていたのに、 翌日自転車で 白馬へ行こうとして、坂を上ってる最中に目の前が真っ暗になり、ちょっと休んで上がったとこに あったCafeで休憩してから 石仏さんめぐりをはじめました。後は大丈夫でしたが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/14 22:19
石仏の心156 目黒・不動前・安養院の石仏
少し週末が忙しく、アップするのが2週間ぶりになってしまいました。 ほおずき市、七夕も始まっている時期で、今日は天気がひさしぶりに晴れて、お月さまも はっきり見えます。 7日はどうでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/04 22:35
石仏の心155 目黒・不動前・安養院の石仏
今日は関東も本格的な降りで、梅雨の中でもひどい降りだと思います。 近所の中学では昨日が運動会でしたので、湿気は凄かったですが、助かったでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/21 12:02
石仏の心154 目黒・不動前・安養院の石仏
もうそろそろ撮影に行こうと思っていますが、なかなかこれから7月まで時間がとれません。 昔のように、無理はしませんから、新しい所のお話はちょっとお待ち下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/14 09:07
石仏の心153 目黒・不動前・安養院の石仏
週末までは関東も雨で散々で、今日明日は東北でこの雨が降るようです。 明日は関東は熱いようですから、体にご注意ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 20:43
石仏の心152 目黒・不動前・安養院の石仏
もう梅雨入りしたみたいな感じがしています。 小雨くらいなら撮影はできると思いますが、暗いのと、 石が濡れると 表情が変わってしまうのに注意して下さい。 今日は北鎌倉の先に用事があったので、帰りに円覚寺で撮影しようかとも考えましたが、 降られた場合のリスクを考えてやめました。午後は少し晴れたため、湿気が上がってやめて よかったです。  こういう時期になると、腰をかがめて石仏さんと対面することもつらくなり、その上、 蚊がでてきた日には嫌気がさします。  虫よけも必要ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/30 21:09
石仏の心151 目黒・不動前・安養院の石仏
目黒不動前の一帯は、お寺さんと住宅が多いので(あと林業試験場があり、そこの公園もある)緑が多く落ち着きます。 安養院の手前にはタコ薬師もあり、五百羅漢寺(全部木造ですが、すぐれた江戸時代の作品です) もあり、ここを越えると目黒不動に至るわけで、ちょっとしたお寺詣りができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/24 11:16
石仏の心150・目黒・不動前・安養院
安養院さんは30年くらい前は今のように参道も整備されていませんでした。境内もかなり整備がすすんで 特色のある膝をまげて祈られている石仏さんの位置も 山門入って左にあるお堂の前からコンクリートの本堂の 前に移動したりしています。 この石仏さんは参道にいらっしゃいます。また春にかけては椿も花があるので画に色がでます。 山門の左側にもわざわざ道のわきを整備して石仏さん達が前を歩いている人と会えるようにしてあります。 こういう形で石仏さん達をケアし、メンテされてるお寺さんはすばらしいと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/21 22:40
石仏の心149 目黒・不動前・安養院
東京の目黒・不動前はあのエリアでお寺の環境が守られている良い住宅街です。目黒の五百羅漢の方には 大きなビルが建ってしまいましたが、このまわりも段々再開発で、銭湯はなくなってマンションができたり、お正月の 材木へ画とか字を書いている材木やさんがなくなったりと変わりつつありますが、石仏、五百羅漢さんとお会いするには良い場所です。 目蒲線の不動前からお不動さんへ向かうと、タコ薬師を過ぎて、左側に安養院の参道が見えてきます。(商店街の中ですのですぐわかります。) 境内はここ30年で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/17 12:53
石仏の心146 観音さま 川崎・柿生・浄慶寺
昨日の大雨は凄いもので、3月くらいの気温になり、草津では雪で道路通行止めまであったようです。 春にはありがちな天気です。(ちょっと遅い感じもしますが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/26 22:34
石仏の心145 羅漢の花見 川崎・柿生・浄慶寺
今回で羅漢の花見は最後です。今は東北が桜が満開ですが、以前4月末に上田の修那羅峠に 行った時にいつもは人もいない安宮社のまわりに大勢の人がいて花見の宴会をやっていました。村の人々が 花見の会をやっていたのでした。(あそこも桜が凄いということです。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/21 22:05
石仏の心144 羅漢の花見 川崎・柿生・浄慶寺
桜は見事に散ることで存在価値を示します。その美しさは好きですが、それを人生の例にたとえるのは 好きではありません。 桜だからよいので、人は生きているわけであり、ローラーコースターみたいに上がったり下がったり を繰り返し、その中で何かを見つけるために生きています。それを無駄にしてはいけないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/18 19:41
石仏の心143 羅漢の花見 川崎・柿生 浄慶寺
桜が散っているのをみて、羅漢さんは笑っていらっしゃいました。 人間社会の存在自体を笑いとばしているかもしれません。 微笑でなく、笑い。声を出して笑うことに積極的な意味があります。 こういう時代だから必要なものだと思います。 歳を経るごとに笑いが減ることを悲しく思います。昔のように真剣にバカ笑してみたいと思う今日この頃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/13 21:28
石仏の心142 羅漢の花見 川崎・柿生・浄慶寺
会社の仕事が一段落ついたので、頭を切り替えるために休みをとって、柿生の花のお寺で有名な 浄慶寺へ初めていってみた。南口からでて左に曲がり、林が左側に見えてきた先にある(日経の販売店の手前) 歩いて5分くらいでした。 羅漢さんは 多分 箱根の仙石原の長慶寺の羅漢さんを作られた方のものだと 思いますが、いつもながらユーモアがあります。 花見で一杯の羅漢さんをご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 21:32
石仏の心138 富山・長慶寺・五百羅漢
ようやく春が来ました。 今日は夕方から春雷! 東京の八重洲口の桜通りの桜も満開になって、今日の 雨でまた少し散ってしまうでしょうが、週末が暖かかったら良いお花見になるでしょう。 入学式に桜が見れれば良いですね。 富山の五百羅漢さん達もこれくらいにしようと思いますが、本当にいろんな方がいらっしゃって会うのが 楽しくなります。 あそこで桜がみれればなーとも思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/01 21:54
石仏の心137 富山 長慶寺 五百羅漢 
先週から桜が咲くかと思いきや、横浜では水曜日に雪が舞ったりして、ここの所寒さが戻り、 桜もまだです。でも桜の色がもうすぐ咲くというのを示しています。 富山とかも雪とかでしょうから、長慶寺でも雪の画が撮れるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/28 09:33
石仏の心136・富山・長慶寺・五百羅漢
東京の桜も蕾がかなりふくらんできていて、もうすぐ花見のNewsが聞けそうですが、 私は突然、いままで最悪の花粉症に遭遇して苦労しています。 もうすぐ終わると思っていただけに大変であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/20 20:54
石仏の心135・富山・長慶寺・五百羅漢
  前に石仏の心35で この石仏さんの反対側むきの画を紹介しています。 こちら側も画になっていておもしろいと 思うので、見てください。 五百羅漢さんではありませんが、入り口の所にいらっしゃるお仲間です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/16 21:19
石仏の心134 富山・長慶寺・五百羅漢
この時期はたいてい花粉で大変なので、余り外にでることがなく、まして外で撮影などという恐ろしいことも 減らしていて、石仏の写真を撮っていただろうか?と整理していたら、ありました。富山の長慶寺の五百羅漢さん 達をこの時期に撮っていましたので、ちょっと紹介しておきます。  富山駅からバスで何公園でしたか、終点まで20分くらいでしたが、お寺の裏山の公園山に 段々にならん座っていらっしゃいます。 多分まわりは桜の木なので、今月の末頃の方が良いでしょうが、 そうすると宴会とか花見のお客さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/08 19:42
石仏の心126:石仏写真展・川崎 & 奈良・十輪院・観音様
写真は奈良町の十輪院のお庭にある大きな観音様です。古いものですが、石の質もよく 美しさが保たれています。 9月頃にはすすきがまわりにあるので画になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 20:45
石仏の心104 秩父 波久礼 少林寺
今から20年以上前にこの少林寺の五百羅漢さんの存在などしらずに、秩父の札所を巡っている時に 10番札所で納経している時に、この微笑んでいる羅漢さんをあと2,3の羅漢さんがでているポスターが 貼られていて、あまりに印象的でしたので、どこの少林寺でしょうか?とたずねたところ、寄居の近くとの ことでしたので、その時はいかずに、あとかた行くことになりました。これが少林寺を知るきっかけと なったわけです。 この羅漢さんが導いたのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 01:21
石仏の心103 秩父 波久礼 少林寺
ここ少林寺の五百羅漢さんは作成者が多くないので、お姿・表情が似ているものがあり、同じ人が色々な 表情をしている感じがして、より親近感を持てます。 その上、石工さんの技術が優れていたのでしょう、 今見ても、感心する方々と出会うことができます。 顔をちょっとかたむけていたり、手に何か持っていたり、頭をかいていたり。。。。 本当にこの世にある我々そのままがそこにあるのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/19 22:09
石仏の心102 秩父 波久礼 少林寺
ここ少林寺には泣いているように見える羅漢さんが2体ほどあります(もっとあるかもしれません) 他では見たことがない、珍しいものです。 笑っている羅漢さんは多く、また怒っている羅漢さんもいらっしゃいますが、泣いているという普通の感情を 現すことがはばかられるのか、他でみたことがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 20:08
石仏の心 101 秩父 波久礼 少林寺
五百羅漢さんを説明つきで見れるのは東京・目黒の五百羅漢寺が有名ですが、あそこに伺って、いろんな 羅漢さん(その性格・特徴?)を理解しながら会えるというのが良いところです。 木彫りの羅漢さん達は保護のために、ちゃんとしたお堂にいらっしゃり、それを見ること、また祈ることが 可能ですので、まだの方は一度いかれることをお勧めします。 目蒲線の不動前から歩いて10分くらいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 10:46
石仏の心 いしぼとけのこころ 100 秩父 波久礼 少林寺
ここ少林寺は顔をみせていない羅漢さんが若干ですがいらっしゃいます。また後でお見せできると思いますが、こういう形で考え込んでいる姿というのは妙にリアルです。 いつの世にも悩みはあり、落ち込みもあり、人の心は変わらないものでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 21:25
石仏の心 99 秩父・波久礼・少林寺
熱心に何かを念じている姿は美しいものです。悩みがあって、祈っている、感謝で祈っている。いろいろな姿が ありますが、すべて画になっています。 手を合わせること。神・仏に向かい合うこと。 これらは、 生きているうちで大事な要素のような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/08 00:56
石仏の心 98 秩父・波久礼 少林寺
羅漢さんの胸にあるりんごは私が置いたものではありません。でも季節感がでます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 23:56
石仏の心 97 秩父・波久礼 少林寺 
この五百羅漢さんは丘を登り始める最初の所にいらっしゃいます。 広場に20人くらいの羅漢さんが あって、いろいろな表情を見れます。  ちょっと時間をかけて、前から、横から、斜め、また見上げたりしてみてください。 そうしてみていく内に、自分と会(合)っている羅漢さんの像を見つけられます。  羅漢さんは 普通の石仏と異なり、人の姿で立体なので、いろいろな気持ちを発信しています。 そういう姿と向かい合うことにより、何かが見つかることがあると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 21:00
石仏の心 96 秩父・波久礼 少林寺
秩父鉄道の波久礼(はくれ)駅から30分歩くと少林寺に到着します。 本堂の左側から山の斜面を上がっていくと1820-30年代に完成した五百羅漢さん達にお会いすることができます。 今回は横浜から秩父へでて11:00。お昼をとって、1時半頃現地到着で、撮影を始めましたが、誤ったのは 秋の日は早い!常緑樹の森なので、影も多く、(また以前行ったときより草で隠れている羅漢達がかなり多いので びっくり)3時すぎには山頂までいってまた帰り道に撮影しようとしましたが、暗いと15分の1以下が多いので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/04 21:43
石仏の心 95 新潟 白山神社 道祖神
秋の季節がやってきた感じです。 だんだん葉も黄色になり、この写真のように黄色いじゅうたんになります。 助かるのは、地面からの反射が増えて、暗めだった色も明るくなり石仏さん達の表情がかわるのです。 わざわざ反射板をもちあるく必要もなく、美しい画が撮影できます。 では 秋の短い日を大切に使って、明るい時間のうちに石仏さん達とお会いしに参りましょう。 (一度 長野で夕方になってしまい、帰りの道が真っ暗になってしまい閉口したことがありました。10月でした) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 20:42
石仏の心94 新潟 白山神社 道祖神
白山神社の本殿の横の目立たないところ(建物の間です)に道祖神さん達はいらっしゃいます。 新しいものではありますが、表現はすばらしく、他にもこういうものがあれば見てみたいとおもうほどです。 もちつきをやっているお二人の表情から、道祖神を載せている台まで画になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 08:56
石仏の心93 新潟 白山神社 道祖神
今日から3回は新潟市は白山神社の道祖神さんを紹介します。  私が道祖神を撮影しているのは珍しいですが、今日より2回あとの写真をみると納得していただけると 思います。 秋はこの写真でもわかりますが、紅葉か、銀杏がみえると季節感がでます。 この白山神社は晩秋でしたので、雨がふったりしてかなり銀杏の葉が散って、非常に美しいときでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 21:26
石仏の心 92: 奈良の仏頭石
石仏の心 91で 頭塔という記載を一度書いてしまいましたが、仏頭石の間違いでしたので 修正しました。 今回もこの石仏さんは 特に変わっていますので、方向違いの写真を紹介して おきます。 10年前の頃にはまわりの柵も簡単に入れたのですが、最近はちょっと異なって いるようです。 以下の HPで石仏を紹介されている方の内容がよかったので、 参考までに貼らせていただきました。 ご覧下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/28 18:06
石仏の心 91 奈良のお彼岸
今回はちょっと気がついたので書いおきます。 奈良のお彼岸っていろいろ見たいものがありますね。 千灯会、 万燈会 美しいと思います。 (帯解寺の お地蔵さんは 大きくてびっくりします。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/20 20:46
石仏の心 いしぼとけのこころ 90 秩父*金昌寺
秩父 金昌寺の石仏さん達は 季節と時間帯で姿を変えるので、同じお姿を撮影するのが大変です。 それだから面白みがあるのだという方も多いですが。。。 桜の時、紅葉の時、冬、夏、それぞれに画になるものですが、あとは画の作り方の問題です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 22:02
石仏の心 89 秩父・金昌寺
今日の雷と豪雨も凄かったですが、いままでこんな天候の夏というのも初めて経験でした。(まるでインドネシアの 雨季の豪雨みたいです) これで安定した天候になるということですが、暑さ寒さも彼岸までとなりますように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 21:21
石仏の心 88 秩父・金昌寺
秩父札所は札所めぐりのバスでいけば2日(或いは2回か3回)で回れるくらいの範囲です。 歩いても12,3番までは一日、25番くらいで翌日、30番で次の日を止めて、翌日自転車で31,32番、 最後の日に33,34番というのが可能な線だ思います。 自転車を使えばスピードアップはできますが、 境内、そのまわり、町中、自然を楽しみながらめぐる札所という観点からすると もうすこしゆっくりまわっても良いのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 21:06
石仏の心 87 秩父 金昌寺
いつも子供さんがなくなったというニュースを見ると悲しくなります。 昔の日本が貧しい頃から子供さんがなくなるということは、いろんな理由であったと思います。 しかし、最近は少しおかしいという感じがずっとしています。 社会がゆがんでいるのでしょうが。。。 秩父にも33番札所に掛けられている絵は昔の子殺しを描いていました。  お地蔵さんは、そんな子供さん達を導くためにいらっしゃると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/04 21:30
石仏の心 86 秩父 金昌寺
明日から9月、夏の暑さもお彼岸がくると一段落となるでしょうが、それにしてもここ4,5日の突然豪雨には 閉口します。 いつも、秩父の荒川が増水してるんでは?とか(秩父には江戸時代にもの凄い大水がでて その後が崖に残ってるところがありますが、あそこまでいったら大変ではすまない事態でしょうけれども)心配してしまいます。 金昌寺も斜面にあるので、大雨で水が流れると、崖がくずれて石仏さん達にも被害が及びます。 全国で似たような状態ですから、土砂で埋まってしまう石仏さんも少なくないでしょう。 ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/31 15:21
石仏の心 85 奈良の地蔵盆
        この石仏さんは元興寺の境内で会えます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/24 10:46
石仏の心 83 奈良の地蔵盆
今年の夏は熱さがハンパではなく、その上に雷・地域的豪雨のため涼しい日もあり、すっかり調子を くずして夏バテでした。それでちょっとお休みでした。 一月ぶりにアップしますが、8月の奈良の地蔵盆も 紹介しておきます。他にも東大寺の鐘つき堂のそばにも8月にお祭りしているところがあったりしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/22 22:21
石仏の心 81 奈良の地蔵盆
昨日は十輪院の地蔵さんの提灯をみていただきましたが、奈良の地蔵盆の夜はそれだけではなく、 まわりのお宅の入り口付近に飾ってあるお地蔵さんの灯篭にいろんな画がかいてあり、お願い事を 書いていたりして、それを見るのも楽しみであります。 これは十輪院のそばですが、他にもずらっと並べてる 所(東大寺の西の門の所とか)もありますし、その並んだ美しさもなかなかです。 こういう灯篭はつくりたいと思った事があります。(小学校とかの工作でやりそうですね?) 奈良では提灯やさんで、こういう地蔵とか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/24 23:26
石仏の心(いしぼとけのこころ) 80 奈良の地蔵盆
昨日述べました、奈良町の十輪院の地蔵盆のお祭りですが、この写真でわかりますように、暗闇に 提灯が浮かび上がる夏の夜です。美しいと思います。 この夜に歩き回っておけば、どこにお地蔵さん(或いは石仏さん)がお奉りされているか明りですぐわかということです。 当然場所によってはお参りもして下さい。 奈良の夏でもこの地蔵盆の夜は一つ違うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/23 20:52
石仏の心 79 奈良の地蔵盆
奈良の町は地蔵盆の時期、お昼にお坊さんがお祭りしている所を回って、お経をあげているところも 良く見ますが、夜に法要をしている所もあります。 このポスターは奈良町の十輪院に貼ってあったものです。 23日は6時半から国宝の地蔵の蔵がある本堂で法要で、お参りができます。 通常はお金が要りますが、この時はいりません。 24日は6時半から法要で、7時からはこの頃、いつもみていた奈良町寄席で怪談をやったりしていました。 (風の会という半分プロの方々が、自分達でやったり、身体障害者の方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 23:00
石仏の心 78 奈良の地蔵盆
元興寺の地蔵盆の法要です。この写真は多分7月23,24日の時だと思います。 ここの法要は8月23,24日の際には境内にある石仏さん達の 前に土のお皿にお願い事を書いて、油をひいて芯をつけ灯かわりにします。 夜に境内にこの灯に照らし出される石仏さんたちの美しさはすばらしいものです。 私もお願い事をしたことがあります。 本当に行って見る価値はあると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/21 20:58
石仏の心 77 奈良の地蔵盆
先週はアップできませんでしたので、今週は毎日アップします。 2008年は多分今週の末が地蔵盆のお祭りだと思います。 ポスターはこの前にお見せしたようにでていますが、それに加え、提灯が すべての場所に飾られ、夜には灯がともされます。 この時ばかりはお地蔵さん(石仏さんも含みます)たちがその存在を 一般の人に知らせる大きな意味を持つ行事ということになります。 この地蔵尊は近鉄奈良駅から北へ向かった方にあるものでした。 この時期にいけば、かならずどこに石仏さん達がいらっしゃ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/20 21:05
石仏の心 75 山の辺の道
梅雨の真っ只中で雨が続きますが、あと2,3週間で梅雨も明けるでしょうから耐えましょう。 この時期は外での写真の撮影には厳しい時期です。傘をさしても大変です。最近のDigitalカメラなら 簡単でしょうけど。。。 7月になって、梅雨があければ、関東では夏祭り、関西では地蔵盆となります。 関西ではお地蔵さんのコミュニティーでの役割が大きくアップされます。子供さん達をお守りすることと、 町の再活性化に役立っているのです。 これまではよく奈良の地蔵盆を撮影していました。この山の辺の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/22 17:55
石仏の心(いしぼとけのこころ)70 秩父札所 ご開帳
石仏の心 68の石仏さんの撮り方をかえてどのように感じが異なるかという 例を示してみたいと思います。 いつも苦労するのは立体的な石仏さんの場合、上下、左右、前後で異なりは どうかを試してみたいとわからないということです。 それによって表情が、感じが全然変わったものになってしまう場合もあります。 これだから、簡単には撮影ができないというのが 特にモノクロの際には はっきりいえると思います。 お姿をどうとらえるか。  すべての写真の課題でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/08 21:35
石仏の心 69 秩父札所 ご開帳
こちらで見られる石仏さんも 札所4番金昌寺の山門をすぎてすぐの脇の所にいらっしゃいます。 つつじが白いので助かっています。 紅いつつじもありますから、カラーだと赤がきつくなって、 石仏の印象が少なくなってしまう場合もあります。 天気がよく日中(午後でしょう)なので、日がよく当たり、ちゃんと見れますが、 これが曇ると表情が変わってしまい、まわりの色もあり、イメージが異なることと なります。  さて、5月は撮影にいけますでしょうか? 見ていただいてる方々へ、連休お疲れ様でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/06 21:31
石仏の心 68 秩父札所
札所4番の入り口の階段のところの石仏さんです。今頃はつつじが満開でしょう。 明日は天気が良いので、人手もかなりあるのではと思います。 新緑の秩父美しいです。  秩父の吉田の 塚越の花祭り が今日の新聞に紹介されていました。 いままでは5月の8日に行われていたのですが、子供が主体ということもあり、日にちを移動 したようです。4日の朝7時から 吉田の熊野神社から米山薬師堂までお釈迦様をお運び するわけですが、近所で取った花を参道にしきつめその上を子供達が歩くという催しです。 一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 19:34
石仏の心 67 秩父札所 ご開帳
本年(平成20年)は日本百観音報恩総開帳の一環で秩父34箇所札所もご開帳となっています。 期間は3月18日から7月18日までです。秩父では散華(一度奈良の法華寺で撒いたものをいただいた ことがありますが)を配布、また記念切手の発売を行っているようです。 新緑の秩父も行ってみる価値があります。 この機会に是非秩父を訪れて、いろんな石仏さん達に 会ってみて下さい。  春ー初夏のライトはきつい場合もありますが、かえってよい表情がみれる場合もあり、花もいろいろ、 つつじ、新緑と石仏と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 21:46
石仏の心 66 塩の道
さてさて、やっと連休が始まり、通勤も楽になってきました。 私もどこかへ撮影にいこうか? と悩んでいるところです。 馬頭観世音は数は多いと思いますが、この塩の道でも穏やかな表情をされている方はすくない と思います。 出会いですから。 どこかで会って、その方がどうだったかということだけですが、 とにかく歩きましょう。 かならず石仏さんが視野に入ります。 ちゃんとお祭りされていることが 多いですから。 では 楽しみをもって歩いてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 23:20
石仏の心 65 塩の道
前回から馬頭観世音を紹介していますが、昔からの流通を担った街道には、馬頭さんが多くみられます。 横浜の馬の博物館は、根岸の競馬場跡にありますが、あの博物館では馬頭観世音を中心に撮影した方の 写真展を開催したことがあり、その写真集も売っていました。 あのような形で歴史の中で馬が担った役割 がわかる博物館も珍しいので、馬頭観世音(石仏のレプリカ)の展示もありますから一度機会があれば ご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/27 12:04
石仏の心 64 塩の道・千国街道
塩の道は、江戸時代以前からの庶民生活に密着した物資輸送の大切な路でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/23 23:10
石仏の心63 塩の道:5月のお祭りなど
大黒天さんが続きますが、良い表情をされています。 青木湖の所の駅は駅前に大きな大黒天さんが いらっしゃいました。 たまには新しいDataでもご紹介します。今年の5月のお祭りです。 塩の道:千国街道 http://www.vill.hakuba.nagano.jp/history/index.html 小谷村 5月2,3日 塩の道祭り 白馬村 5月4日 塩の道祭り 塩の道を歩こう! 大町市 5月5日 塩の道祭り 近くへいかれるのでし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 21:44
石仏の心 62 塩の道
アップするのがまたちょっと時間があいてしまいました。お待たせしました。 これからちょこちょこアップしていきます。見ていてください。 塩の道は 長野は松本の先から、新潟まで続く古い道です。  4月末ー5月にかけては 塩の道ウオーキング等の催しがあります。(大町のエリアが中心だと思いますが、確認してください。) 春の新緑の頃にこの路を歩くと、多くの石仏さん達と会うことができます。 最初にいったのは夏でしたが、(夏は若くない限り、歩くのは薦めません。30台の時で さえ、疲れか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/20 21:01
石仏の心 61 秩父 金昌寺
金昌寺は本堂にむかう参道と、その山側に多くの石仏さん達がいらっしゃいます。 本堂の裏にもいらっしゃいますので、裏山の六角堂から奥の方までいく際には 注意して下さい。 この石仏さんは本堂の裏の左側の山の所にいらっしゃいます。 春にはまわりが小さな花もみられました。(以前の写真展の時にすでに登場して もらったのです) 風化もせずにちゃんとお会いできると嬉しさを感じます。  溝があったり、位置が高かったりしますので、100mm以上のレンズもあった方が 良いと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/10 21:40
石仏の心 (いしぼとけのこころ) 60 秩父 金昌寺
金昌寺にいらっしゃる 気品のある石仏さんです。 この雰囲気はなかなか他では見たことがありません。 いままでも撮影していますが、今回は少し良い表情を見せてくれました。 本堂へむかう坂を上がって右の角の木の所にいらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/06 20:56
石仏の心 58 秩父 金昌寺
金昌寺の石仏は江戸の大奥の方が納められたものも多くみられます。 江戸にはやった 秩父の観音札所めぐり(まわり方は異なっていたようですが) とも密接に関わっていたのでしょう。 いつも秩父へ行くときは石屋さんがあるかなーと探しているのですが、 見つけたことがありません。31番札所の所にはあったような記憶があります。 でも秩父の各地で 似たお顔の石仏をみつけるにつけ、同じ石屋さんあるいは その工房が作ったのかな?とも思うことが多いです。 石仏さん達の表情、しぐさまで含めて秩父の石... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/04 18:17
石仏の心 57 秩父 金昌寺
夏の光は石仏さんを撮影する際には あまりに真上からなので影ができたりコントラストが はっきりしすぎて表情が変わってしまったり苦労が多いです。 秩父札所も夏に巡ったときには暑くて大変でしたが、金昌寺は夏はありませんでした。 でも普通撮影は 秋ー初冬 春くらいにした方がいいと思います。 12月でも 10時過ぎには 山門の近くの石仏さん達は日の光が差し込んで、 余りに明るくなりすぎて撮影は困難でした。 午後になった方がよいのかもしれません。 この考えている石仏さんは 本堂の前の方に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/03 21:53
石仏の心 55 秩父 金昌寺
2008年初めに、秩父金昌寺の石仏さんを紹介できることを嬉しく思います。 これまでも少しずつはお見せしておりましたが、12月にひさしぶりに訪問して 石仏さん達とお会いして、今回はかなり真剣に撮影させていただきました。 最初はマリア観音(慈母観音)です。 なかなか私が良いと思う表情が撮影できないので苦労しておりましたが、 やっと30年目にして少しは良いものができたかと思います。 以前の金昌寺と異なり、かなり参道、六角堂等整備されましたので見やすく なりましたが、逆にみずらくな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/01 19:29
石仏の心 54 (国東の仁王さん)
ひさしぶりにアップです。 何もいわずに以下のサイトを見てみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/16 08:48
石仏の心 50 (いしぼとけのこころ) 奈良の地蔵盆
町でお地蔵をお奉りしている所というのは、関東でいえば神社のお祭りみたいな 感じがしますが、やはり石仏を撮影するものにとっては嬉しい風景です。 般若寺の前ではこのお地蔵さんを奉っていらっしゃいました。 あのまわりだけで3,4箇所はありました。近くには夕日地蔵という大きなお地蔵さんも いらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/20 22:34
石仏の心 49 奈良の地蔵盆 
この前の写真に 般若寺の地蔵盆と書いてありましたが、 これは町内の方々が 朝早くから準備されているところです。 あの時は奈良にバスで7時すぎについてしまって、簡単に食事をすませて 8時すぎには般若寺についていました。そうしたら、奈良ー>京都へ抜ける 街道が昔あった所ですから、お地蔵さんもあるわけで、 皆さん総出で準備されていました。 撮影の許可をもらってとり、あとでお送り させていただきました。 いままでで、準備しているところをみたのはこの時だけでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/20 22:29
石仏の心 48 奈良の地蔵盆
地蔵盆の頃に奈良の町を歩くといろんな所で地蔵盆のお知らせをみます。 手作りあり、凝ったものあり、これが楽しいです。 子供さんたちにはお菓子があったりしますが、一度写真を撮らせていただいたら、 菓子パンをいただいたことがありました。これも地蔵さんの功徳でしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/20 22:24
石仏の心 47 奈良の地蔵盆 十輪院
奈良町の十輪院さんの夜です。80年代終わり頃は地蔵盆の夜はお寺さんを開放して 落語会をやったりしていました。(たまに怪談をやったりしておもしろかったです) あの石の地蔵さんが本尊の縁側にすわって、読経をきいたり、落語をきいたり 良かったのですが、やはり文化財とかで、そのうちダメになってしまったのが残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/20 22:21
石仏の心 46 奈良の地蔵盆
また忙しくて時間が開いてしまいました。 先月の今ごろ この奈良の地蔵盆を アップする予定だったのですが、今それをやっています。旧でやるところも関西では 多いし(京都は今頃が多いでしょう)、ご覧いただければ幸いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/20 22:16
石仏の心 45 秩父 金昌寺
昔秩父のYH(大滝村にあります)のペアレントさんは 写真家で、(秩父にはお花畑の駅の 側に 清水武甲 写真館という有名な写真家のお店もありました) 秩父の風俗、 子供達などいろんな写真をのばしてYHに飾っていらっしゃいました。 写真は本当にプロのようなもので、そこで見た 金昌寺 の本堂の雨の写真(雨だれが 石仏をうがっているもの)に興味をもったのも、金昌寺の 石仏さん達を撮影しようと するのを押した理由だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/27 20:51
石仏の心 44 秩父 金昌寺
体をこわしておりまして少し時間があいてしまいました。 もうすぐ6月になりますが、 その前に ぜひ紹介したいのが 秩父札所4番金昌寺です。 私が石仏の写真を撮影する ことになったのはここで、多くのすばらしい石仏さん達とお会いしたことが発端だと思っています。 今でも時間があれば すぐにでも行って お会いしたいと思う石仏さん達がいっぱい いらっしゃいます。 桜の春、新緑の春、そして秋、その時毎に 美しさが異なるので ここでお見せできるのは本当の部分ですが、それでも見て興味をお持ちでした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/27 20:44
石仏の心 43 坂本
坂本の3枚目となります。 たしか、この撮影した場所も昔お堂があった場所だったと記憶しています。 その横では田んぼの作業をもうされていました。 私の写真ではめったに人が入っていないので、珍しい一枚です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 19:42
石仏の心 42 坂本
春は光がきついので、時間によって石仏さんの表情が変化します。 ですから一度お会いして、また会ったときの感じがまったく異なることも多いです。 野の石仏の美しさです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 19:38
石仏のこころ 41 坂本
坂本には お寺以外にもいろんなところに石仏さんがいらっしゃいます。 そのためには時間をかけて歩かれるか、自転車で移動されることを お勧めします。 春の景色の中にいらっしゃる石仏さん達は画だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 19:35
石仏の心 40 (いしぼとけ の こころ) 坂本 西教寺 
これまでの石仏のお姿は楽器が見えていませんでしたが、このお姿でははっきり 見ることができます。 西教寺の石仏さん達は並列に並んでいらっしゃるので すべてお姿がみえるわけではありません。 それでも見る価値があると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 19:26
石仏の心 39 坂本 西教寺
楽器を演奏している石仏は日本でも少ないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 19:23
石仏の心 38 坂本 西教寺
またアップするのが一月もかかってしまいました。 3月末から風邪だと思って薬で ごまかしていたら、忙しさもあって、悪化して肺炎になっていたのでした。 歳が上がったら、昔とは体が異なっていると認識しましょう。(などと前書きを書いてしま いました。) 連休も終わる所ですが、琵琶湖畔の坂本へ行ったのも今ごろでした。天気がよかったのに 午後からどしゃぶりとなって自転車で巡っていた私達はひどい目にあった記憶があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 19:16
石仏の心 37 富山 長慶寺
ここの五百羅漢さんにはお願いが一杯、たすきになってかかっていました。 その表情の異なったお姿をみて、お願いをするのでしょう。 桜が満開のときにお会いしてみたい羅漢さん達であります。 またちょっとの間 アップができないと思いますが、次回まで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/25 19:35
石仏の心 36 富山 長慶寺
富山駅からバスでそれほど時間がかからない所に位置する長慶寺は市を見下ろす、 公園山にあります。春は桜が一面で、美しいところになるでしょう。 五百羅漢さん達は 整理されて、だんだんにきれいに並んでいらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/25 19:29
石仏の心 35 富山 長慶寺
暖かくなってきて、桜も咲き出したので、写真の整理をしていて、五百羅漢さんは 富山でも撮影していたことを思い出しました。それも桜がさく寸前に撮影させていただいた ものがありましたのでごらんいただきたいと思います。 富山市は長慶寺の五百羅漢さんです。 最初は入り口の所にいらした 石仏さんからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/25 19:26
石仏の心 34 京都清滝 念仏寺
京都以外でも私がお会いしたことがある五百羅漢さんで有名なところは 関東では川越、寄居があります。 作られた方々の心がでているので どこのがよいということはなく、各人が見て感じられることが大切だと思います。 そうそう関西の播州北条も五百羅漢です。 こちらも近いうちにごらんに いれようと思います。 京都へ行ったら、時間ととって、嵐山へいくついででも よいですから、清滝へ行ってみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/18 17:44
石仏の心 33 京都・清滝・念仏寺
五百羅漢は数がおおいため、そう多くのお寺様にあるものではありません。 京都では江戸時代の素晴らしい作品が伏見の石峰寺さんにあり、 竹林の環境とともに、すばらしいお庭で羅漢さん達とお会いできます。 こちらの清滝の方は新しいですが、数では五百をとうに越す羅漢さんが いらっしゃるので、多分、知った顔の羅漢さんとお会いになれると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/18 17:38
石仏の心 32 京都・清滝・念仏寺
初めていった時は80年代の半ばだったと思います。 冬の12月でした。終点までいって、そこから一つ歩いてトンネルを抜け戻った 記憶があります。 それ以降は、春、夏とかでしたけれど、 寒さの中、羅漢さん達の会話が聞こえるような環境で、 一対五百の対面でした。 今ではいろんなとこで紹介されたので有名になりましたが、 あの頃は新たに作られたばかりで、まだ作成途中のものも 多くあり、訪問すると何か発見がありそうで楽しみでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/18 17:30
石仏の心 31 京都・清滝・念仏寺
忙しさとインフルエンザにかかったため、一ヶ月のご無沙汰でした。 岡山から離れ、春に撮影した石仏さん達を紹介させていただきます。 この五百羅漢さんは 京都は清滝の愛宕(おたぎ)念仏寺にいらっしゃいます。 文化財の保護、(木彫りの仏さんの修復等も含む)で有名だった西村 さんのお寺で、今は息子さんがついでいらっしゃると思います。 もうすぐ花まつりですが、ここの五百羅漢さんに囲まれた本堂で お祭り(昔は踊りも奉納されてました)をするのはさぞかし素晴らしい と思います。  いろんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/18 17:25
石仏 (いしぼとけ)の心 30 岡山・文英の石仏
高松稲荷を越えていくと 豊臣秀吉の関係の木下家が治めた足守という昔の町の姿を うまく保存して公開している町があります。そこから少しいったところに田上寺跡が あり、その参道にいらっしゃる 文英の石仏さんです。  伺って、簡単にみつかると思ったところが大間違い。探してもない!ここまで 来たのだからとタクシーの運転手さんが近所のお宅に聞いてくれて、幸運にもそこの方が 管理されている方で、最近藪をはらってなかったので、鎌ではらってくれて やっとお会いすることができました。  すばら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 16:06
石仏の心 29 岡山・文英の石仏
文英の石仏: 高松稲荷へむかう道の途中にある平山という場所の医院の裏に いらっしゃる石仏さんです。 医院は裏にあるお墓と、この石仏のために 駐車場から 階段を通って、この石仏が正面にくるように建物を設計された ようです。ここまでやっていらっしゃる方がいるのは嬉しくなります。尊敬の念も 抱きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 15:59
石仏の心 28 岡山・文英の石仏
持宝院から高松稲荷方面にむかってすぐの所にある老人ホームの松風園の裏山に いらっしゃる2体の文英石仏のうちのお一人です。 敷地を通りますから 入り口の管理事務所で断ってください。場所も教えてくれますし、 なが靴まで貸してくれようとされました。(幸い 土はそれほこ濡れてはいなかったので、 裏の藪を少し登るので、雨が降った時は注意でしょう。 この石仏さんは 少し表情がむっとされている感じです。30cmくらいの小さい お姿ですが、はっきり彫りも残っていて見易いです。  人々が文英... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 15:52
石仏の心 26 岡山・文英の石仏
昨日は福山で朝少し石仏とお会いし、岡山は備中高松のまわりにいらっしゃる 文英の石仏 と出会うために岡山へ移動しました。新幹線で帰るまでに5Hくらい時間をつくって、約20年前にまわれなかった所へ行こうと考えました。 今回はタクシーの運転手さんが 文英の石仏に関心がある方で、大変たすかりました。 また高松中島の床屋さん(すみませんお店の名前を失念しました、いけばわかります) のおかげで、”僧文英と石仏 林信男”の本をお借りすることが出来、多くの石仏とお会いする ことができました。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/28 22:02
石仏の心 25 福山の石仏
福山はお城の裏が寺町になっています。前から気がついていましたが、時間がなくて 訪問することもできませんでしたが、今回は出張の翌日が土曜日で、朝に歩いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/28 21:47
石仏の心 24 秩父・金昌寺
前の23で紹介した秩父金昌寺の雪景色の続きです。 酒樽地蔵さんです。 雪で大変そうですが、境内の石仏が雪におおわれるのも またまったくいつもと異なる異空間にいらっしゃるようですばらしいものでした。 しかし春の雪、足は濡れるし、あとから秩父の町へ戻ってストーブにあたって、 足を乾かすのが大変でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/21 14:47
石仏の心 23 秩父・金昌寺
昨日は大寒でした。 寒いのは好きではないし、写真撮影には眼鏡はくもるし、レンズも 。。。大変なので1度試みてやめました。ところが偶然春の大雪で、秩父で、撮影したのが この金昌寺(4番札所)です。 その日は予定では 三峰口から小鹿野の31番札所へ 民宿のおじさんに車で乗っけていってもらうことが決まっていましたが、朝起きたら、ドカ雪 で予定変更です。 金昌寺は私が石仏の撮影の勉強をさせていただいたと言って過言では ないほど、すばらしい石仏さん達が一杯いらっしゃいます。 その春、秋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/21 14:43
石仏の心15・国東・仁王さん
この仁王さんは もうすぐ荒れてしまうのではと思うようなお寺の入り口にいらっしゃいます。 昔は道から池の真ん中に橋があったり、道があったりしていたようです。 この仁王さんの表情にはいつも驚かされますが、いままで見たうちではこのようなお顔はこれだけです。阿吽の二つの仁王さん。 大きさが2mくらい。これだけのものを作れる石屋さんが いらしただけでも凄いことです。 もう一つの仁王さんは次の 16で ごらんにいれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/08 19:45
石仏の心14・国東・仁王さん
国東半島は真ん中の大きなお山を中心として道が展開されているため、 他は回っていくしかありません。 このために、車が一番早くいけることとなります。 でも 場所がわかっていても地の人しかわからない場合も多く、タクシーに頼ることとなります。 (といっても、運転手さんが どこの村の出身かによって詳しさが異なります。) 巡っていて、偶然みつけた仁王さんも数多くあります。 このため、移動する際には右も左も見ながら、目的地までいくので大変です。 この前のBlogで紹介しました 国東風通信 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/07 16:51
石仏の心13・国東・仁王さん
国東半島に興味をもったのには理由があります。 石の仁王さんが多くあるからです。 本当は小さな石仏も一杯あるだろうと思っていました。ところが、いってみると、半島全体に お寺が散在しているために巡っている内に 神社とか、山の中に突然ある仁王さんに惹かれてしまいました。 いろんなお顔があります。大きいの、小さいの、太ったの、いろんな方が いらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/07 16:41
石仏の心12・塩の道
この前の11での 塩の道での写真には電線(鉄道ですが)が映っていましたが、 今回の塩の道の写真ではみえないと思います。 この景色が私の中にある日本の古い原型的な風景だと思っています。 石仏を撮影することは、その風景との出会いを求めているかもしれません。 バリでの農村や、千枚田の風景、ベトナムでの農村の風景をみるにつけ、 昔の農耕社会であった日本の風景との類似をみている感じがします。 石仏さんが公園の中に整備されてあるのは保存という意味では良いかも しれませんが、そのもとも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 17:04
石仏の心11・塩の道・お地蔵さん
10でお見せした写真は田おこし でしたが、 こちらの 石仏は 稲が実っているのが背景に見えています。 塩の道は 南小谷の駅のそばでした。 塩の道のよさはまだ電線が 映らない景色が保存されていることで (田舎ということもありますが)、日本の昔の風景 の中で石仏さん達とお会いできることがいいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 16:51
石仏(いしぼとけ)の心10・坂本の石仏
京都から すぐの琵琶湖畔は坂本では石仏さんと多く出会うことができます。 春になったら、自転車を借りて回ってみて下さい。 ちょうど、田おこしの頃に撮影した 石仏さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 16:43
石仏の心9・京都・清滝・念仏寺・五百羅漢
この時の撮影は春でした。 秋も一度伺ったことがありました。 周りの自然に、お寺が溶け込んでいて、いい場所にあると思います。 ここは 観光地としては若干不便なので、静けさが保たれています。 ぜひ一度行ってみてください。 今は 五百羅漢さん達も苔むして、表情が変わっていらっしゃるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 16:37
石仏の心8・京都・清滝・念仏寺・五百羅漢
新年にあたり、少しまとめてUpしておこうと思います。 今年はネガの整理も含め いしぼとけ の心の Digital化ももっと進めようと思っています。  上に見える五百羅漢さんは 京都の清滝 は五百羅漢で有名な念仏寺にいらっしゃいます。(アダシ野の方ではありません。) ここ20年くらいでいろんな方が作って納められたものです。数がだんだん増えていて、 いく毎に驚いていました。 作る方の心が入るので、表情は異なります。 その多くの 表情をみていると安心します。   最初に訪問した時は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 16:34
石仏の心7 インドネシア・ボルブドール
華厳経の世界を下層から上層階に順々にみせていくというボルブドール、 最下層は隠されていて(現実の醜さが描かれている部分)修復の際に発見され て今では見ることができます。 壁面の一つ一つに ブッダの受胎から出家してブッダになるまでの話が彫刻され その表情を楽しめます。 本当に美しいものがここにあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 12:04
石仏の心6 インドネシア・ボルブドール
夕方のボルブドールです。西をむいているブッダですが、これは石の屋根(部屋)がない 数体のブッダのうちの一つです。 カンボジアは知りませんが、ここの石仏の表情の優しさ、美しさはインドの影響があるとはいえ 日本の石仏をみている私からみても素晴らしいものがあります。 一度、元旦に行った所、近所の修学旅行の小学生がバスを連ねて、大変な台数きており、 静けさなど どこえやらという状態でした。とても元旦のお参りという雰囲気ではありませんで した(仏教徒がそう多いわけでは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 11:54
石仏の心5 インドネシア・ボルブドール
インドネシアはジョグジャルタ郊外にあるボルブドールのパゴダです。 (参道から撮影しています。) 最近はまわりに 高級ホテルもできましたが、この当時(89年)は ジョグジャルタにホテルを取り、朝5時前に出発して、6時の開門からすぐに入場 し、朝日を撮影してから壁面をみて歩くということが通例でした。 ジャングルの中からこのパゴダが現れるのは 再発見した当時は凄いことだったと 思いますし、今でもあの遺跡が見えてくると思うとわくわくします。 ジャカルタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 11:40
石仏の心4 インドネシア・ボルブドール
2007年初めての石仏の心ですので、(少し間があいたこともあり)ちょっと変わったものを お見せします。インドネシアはジョックジャカルタ郊外にある、奈良の大仏が建造された時代に 作られた石のパゴダ ボルブドールからみたジャワ富士の眺めです。 雨季だと見えないことも多いので、偶然とはいえ、よい画が撮れたと思います。 (07年の新年には合いますか?) 続いて、ボルブドールの全景、壁面の石仏もアップしておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 11:29
石仏の心 3 白滝山(因島)
05年11月23日に今は尾道市に併合となった因島の、重井は白滝山で撮影したお地蔵さん です。(山門の六地蔵)  白滝山はあのエリアでは 長野の修那羅峠同様、江戸時代に お参りが盛んだったところで、石仏の数は大変なものです。特に山頂の石仏さん達は 瀬戸内海をみわたすこともあり、すばらしい眺めも楽しめ、撮影するのも嬉しくなります。 山腹から歩いて30分あればゆっくりで登れるでしょうし、車で上の方まで行くより、 いろんな石仏さんとの出会いが楽しめます。  11月という季節はライトと気候... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/28 23:30
石仏の心(いしぼとけのこころ)2 奈良・元興寺
いしぼとけのこころ をアップするのがだいぶ遅れてしまいました。8月は家が9月は仕事が 忙しくて、その上 他のBlogもいろいろあったので。。。  奈良の元興寺のいしぼとけさんをごらんに入れます。撮影は05の2月ですが、 それ以前から撮影はしておりました。  奈良町の中心のお寺(奈良町はこのお寺から発展したのです)としてまだ大きな 存在である元興寺は、その境内に市内でも一番と思えるくらい多くの石仏がいらっしゃいます。境内も整備されて、石仏さん達の環境もよくなったのでしょう。 いい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/01 23:42
石仏の心(いしぼとけのこころ) 1 奈良・般若寺
本日より 石仏の心(いしぼとけのこころ)1のBlogを始めたいと思います。 これはこれまで3回行った 写真展:石仏の心 1−3 で展示した写真と、現在でもとりつづけている写真を見せる場としてこのBlogを機能させようとするものです。 毎日はムリですが、少しずつ、何かを感じていただければ幸いです。 次の写真展はいつになるでしょうか?  奈良の般若寺の観音さまです。 地蔵盆の暑い朝でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/15 23:32

トップへ | みんなの「石仏」ブログ

石仏の心(いしぼとけのこころ) 石仏のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる