石仏の心897:木曽福島 下中入溝口 道祖神/馬頭観音

今日は11月18日ですが、この一週間で、まわりの木々が紅葉して、また銀杏の葉も黄色くなりだしているのに気がつきました。 この所、暖かかったり、寒くなったりで、少しずつ、秋から冬へ移りつつあるのでしょう。

画像

黒川から道を先へすすんで、右へ折れて、この道祖神がありました。昔の通行が多い道のそばだったのだとおもいます。 まわりに馬頭観音さんがいらっしゃいます。

画像


”下中入溝口”と場所名があるので撮っておきました。石仏撮影の時は場所がわからない場合が多いので、もしこのように何か目印があると撮っておきます。 今のスマホは撮った場合、場所を記録できるので便利だと思いますが、場所が多すぎると大変かもしれません。

画像


まずは 道祖神の横にいらした馬頭観音さんを。 次ぎに他の方々も見ていただきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yasumaro
2016年12月01日 09:55
木曽福島はまだ行ったことがありません
木曽は馬をたくさん飼っていたのでしょうか
そのための馬頭観音像でしょうね
Utam
2016年12月06日 08:34
yasumaroさま、こんにちは。
開高高原の観光HPをみると木曽駒の原産地であるこの地に千数百体もの馬頭尊がいらっしゃるとのことです。わずかですが、今回こちらのBlogで紹介させていただきます。やはり生活と密着していると思います。