石仏の心1375:地蔵の衣替え 鶴見本山 総持寺

13日の夜中の10年ぶりの大地震には驚かされました。横浜は震度4でしたが、すぐTVをつけたら、津波はないだろうとのことで一安心、でも
崖が崩れたり、停電、断水と東北は大きな被害を受けたようです。まだ東日本大震災の続きとのことで、地球からすれば小さなことでしょうけれど、その上に住んでいる我々にとっては大問題、このように日常の中に不安、悩みが途切れることがないのが人の生活、石の仏さん達は、そして羅漢さん達はそれをどうみていらっしゃるか? また何かを教えてくれるのか? まだまだ見ていかなければわかりません。あの東日本大震災の大きなショックは忘れることはありません。でも若い方たちには、(30台の方ならまだまだ先があり、)災害もこれからまだ会うことがあるということで大変だと思います。


2月の初めにお墓まいりへ行ったら、お地蔵さんの衣が新しくなっていました。立春で少し明るくなった光の中でお地蔵さんは嬉しそうでした。やはりコロナで新たな衣を準備されても いらっしゃるのも大変だったのでしょう。



DSCF5904.JPG



新たなよだれかけに帽子、赤が輝いていて、光にはえています。



DSCF5903.JPG



前回は石仏の心1031でサンタ地蔵さんとして 年末の衣替えと合わせて紹介しています。


鶴見の本山は現在、14:30には回廊のシャッターを下ろし始めます。これ以降は、境内に入るのが車道しか使えないので、歩く人にとっては大回りになります。 まだ大祖堂は階段を上がることができませんし、外から来てお寺を使われる方々も大変でしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント